雪による家への被害|雨樋の破損|街の屋根やさん西三河


愛知にも明日(1月24日)から雪が降ると予想がされています。
東京では都心部でも積雪があり、公共交通機関が大変なことになっております。
愛知でも年に数回は雪が降りますが、そこまで多く積もる事は最近はありません。

しかし大雪が降ってからでは何かと遅いです
備えあれば憂いなしではありませんが、早めの対策というのが肝心です。

先日、雪止め金具の設置についてお話をしましたが、
今回は雪による被害についてお話をしていきたいと思います。
落雪被害
落雪被害
まずこちらの写真ですが、
屋根に積もった雪が軒先に集まり雨樋を変形させた写真です。

塊となった雪はとても重いので、屋根から塊で落ちていく際に
雨樋に引っかかり雨樋をこの様に変形させてしまいます。

雪止め等が設置されていれば塊となって雪が落ちていくとこをある程度防いでくれるのですが
こちらのお家では雪止めがついておらずこの様な結果となってしまいました。

雨樋が変形して歪んでしまうと正常な排水が出来ずに
落とし口に行く前にポタポタと下に水が垂れてしまいます。

落雪被害
落雪被害
こちらの写真はカーポートの屋根に取り付けてある
透明な平板と波板です。こちらも屋根からの落雪によって割れてしまった状態です。

最近使用されている平板や波板はポリカーボネートという
高耐久な素材が使用されているのでこの様な事は起きにくくはなっていますが
年数の経過した物ですと、年数と共に硬化が進み衝撃に弱くなり割れやすくなってしまいます。

雪による被害を受けない為にも・・・

落雪による被害を増やさない為にも雪止めを取付ける事をお勧め致します。

雪止めは新築だけでなくリフォームでも後から付ける事も出来ます。
屋根材や状況によって取り付けられない場合もありますが・・・

一度現地にて確認させて頂ければ、取り付けの可否の判断をさせて頂きます。



お困りの方はお気軽に
街の屋根やさんにお問い合わせください
お待ちしております

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雪止め金具

全国的に気温が下がっており東京では雪が降り積もっている所もあります。愛知でも週の中頃から冷え込みがぐっと強まり平野部でも積雪の恐れがあると予報が出ています。路面が凍結し転倒の恐れやお車の移動でスリップの恐れ等があります。雪が降りとても寒くな...........