瓦屋根の雨漏れ原因|棟の取直し工事|守山区


名古屋市守山区で瓦屋根の棟取直し工事をやっています。
去年の台風の際に雨漏れがあって街の屋根やさんに問い合わせがありました。
4年程前に漆喰工事をやっていたみたいですが今回の台風で雨漏れが起きたみたいです。

点検をした際に漆喰を塗り直しただけでは雨漏れが止まる可能性は低く
雨漏れの原因が漆喰ではないと判断をしたので棟を一度解体して新たに積み直す
棟の取直し工事を今回提案をして工事をさせて頂いております。

棟の取直し
こちらが棟部分です。
瓦と瓦の間に見えるのはコーキングです。

雨漏れが起きた時に隙間を全て埋めてしまったそうです。
しかしこういった補修はかえって雨漏れの被害を大きくする可能性があります。

もしも水分が発生した場合、隙間がすべて埋まっている事によって
水の抜け道が無くなってしまうからです。

棟の取直し
こちらが棟を解体した写真です。
雨はここ何日か降ってはいませんでしたが、中の土が湿っていました。

棟の取直し
こちらも湿った土です。
本来はもう少し明るい色の土ですが、湿っており粘土質になって
色が濃く変色していました。
棟の取直し
今回雨漏れの原因として考えられるのが
・のし瓦の勾配が取れていない
→棟に積んである瓦の勾配がとれていなく棟の中心へと雨水が流れていきやすくなっていた。

・漆喰と土が2枚目の瓦より出ていた。
→写真を見ると線の右と左では土の色が違います。これは漆喰を塗り直した際に下地が悪かった為、
新たに土を盛って平滑にして漆喰を塗ったと思われます。そのせいで下から2枚目の瓦より外に漆喰が
出てきてしまい、瓦と瓦の間から入った雨が漆喰よりも内側に入ってしまい雨漏れとなった可能性があります。


ただ漆喰を塗り直せばいいという訳でもなく、水の流れというのを考えて工事をしないと
雨漏れのリスクを増やす事になってしまいます。

屋根については専門の工事会社に依頼をお勧め致します。

屋根の事なら街の屋根やさんへ!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

日本瓦雨漏り

今回は日本瓦です。雨漏れに長年お悩みで都度業者さんの補修を行ってきた屋根です。形は寄棟。斜めに下っている隅棟からの漏水が案件としては多い屋根の形です。

古瓦凍て

おなじみの瓦屋根根点検です。日本瓦は漆喰メンテナンスや浮きやズレを指摘されて心配になる方が多いですね。だいたいの場合は当社で点検に行くと大丈夫であることが多いのですが。今回は古瓦という事でご覧のような屋根です。今使われている瓦とは働き幅など...........

棟の取直し 平板瓦

春日井市で屋根の補修工事をしています。屋根には平板瓦という瓦が使用されており今回は棟と呼ばれる屋根の面と面がぶつかる部分の補修を行いました。タイトルにある様に今回施工している中で屋根の中から鳥の巣が出てきました。