モニエル瓦の点検に行ってきました|大府市


モニエル瓦劣化
モニエル瓦の屋根です。かなり汚れが目立つようになり、近所で塗装工事をよく見かかるようになりそろそろ工事をしなければという事のようです。過去に外壁塗装は行ったもののその時屋根は何もしなかったそうです。理由は業者さんからノーメンテナンスの屋根材、という事を説明されたようです。
モニエル瓦劣化
実はその逆でメンテナンスをしっかりしなければなりません。セメント瓦は塗膜で保護しているので経年でこのようになってしまうと水を吸います。カビや苔も付着します。ひび割れなども起こります。
モニエル瓦劣化
点検していくとこのようなクラックが相当数見られます。当社が見る限りこのクラックは少し深めです。浅いものは表層が薄く割れている感になり、そこから進行していきます。
モニエル瓦劣化
当然ひび割れというものは屋根材にあってはならないものです。陶器瓦であれば差し替えが可能ですが、モニエル瓦の場合はストックがないと材料を用意できません。現在は生産されてないからです。
モニエル瓦劣化
汚れも塗膜がないと進む一方です。モニエル瓦の塗装は専用の塗料もあるのでメンテナンスは可能ですが、材質の特性として非常に吸い込みが多い屋根材です。塗ると浸みこんでいくので状態によっては通常より多く塗料が必要になります。
モニエル瓦劣化
屋根にはもちろん鈑金でできた役物もあるのでしっかり塗装が必要です。
建売で多く見られたモニエル瓦の屋根ですが、予算により葺き替えを希望される方のほうが当社では多くいらっしゃいます。瓦が割れたりすると交換できない、重い、等の理由で軽い屋根に葺き替えられます。もちろん屋根の状態がそこまで悪くなければ塗装でも十分メンテナンス可能です。「モニエルは葺き替え」の提案のみの会社も多いと聞きます。そこはやはり屋根に登って点検の上で判断し、アドバイスをさせて頂くほうが良いと当社は考えます。ご心配な方、メンテナンスをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。簡単な電話相談のみでも歓迎です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5546

今回は刈谷市で強風で飛散してしまった屋根の点検に行ってきました。使用されていた屋根材は「アスファルトシングル」でした。

パミール

今回は刈谷市でパミールが使用された屋根の点検に行ってきました。そもそもパミールとはどの様な屋根材なのでしょう。・屋根の上から何かが落ちてくる・・・・塗装業者から「塗装は出来ない」と言われた・・・・雨漏りや雨染みが発生してきた・・・というお家...........

d9ede2651b6b1f09194cafb98c2716eb

今回は豊田市で外壁塗装の見積依頼を頂き点検に行ってきました。今回使用されていた外壁材は「サイディング」でした。サイディングには金属系と窯業系があり今、建てている家の約8割がこのサイディングを使用しているというぐらい多く使用されている外壁材で...........