スレート屋根色褪せを放置していると?みよし市

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

みよし市で屋根の点検を行ってきました。

今回使用されていた屋根材は「スレート」でした!!

他にも・・・

・カラーベスト
・コロニアル
とも呼ばれていますが物は同じです


・屋根材の褪色(色褪せ)
・棟板金の褪色、サビの発生
がありました。

スレート自体元々防水機能はありません。
上にしてある塗膜が守ってくれています

塗膜が劣化・剥離があるとどんどん水を吸い込んでしまいます

水を吸い乾燥を繰り返すことによって
屋根材の浮きや割れに繋がってきます

しっかりメンテナンスしましょう!!!
スレート 褪色 棟板金 サビ
スレート 褪色 棟板金 サビ
早速屋根に上がって見ると・・・

1番目についたのが全体的な褪色でした。

褪色が進行し屋根材の素地が見えている箇所がありました

ここまで進んでいると水をどんどん吸い込んでしまいます

また棟板金にも褪色が進行していました

このまま放置しておくとサビが発生し
いずれ穴が開いてしまう可能性もあります

そうなる前にメンテナンスしてあげましょう!!!
スレート 褪色 棟板金 サビ
スレート 褪色 棟板金 サビ
拡大してみるとこのような感じです。

ここからどんどん劣化は進行していきます・・・

コケやカビの付着は見た目を悪くするだけではなく
屋根材自体を直接痛めてしまう場合があります

塗装する前の高圧洗浄で落ちるので安心です!!!


今回は・・・

全体的な褪色が目立ちましたので
塗装でのメンテナンスをお勧めしました

塗装でのメンテナンスの目安は10年です

ですが毎回10年おきに足場を建ててやるのが
もったいない・めんどくさいと思う方は

「重ね葺き」と言って
今ある屋根材の上から新しい屋根材を被せるやり方もあります

屋根の事で困ったらまず
街の屋根やさん西三河店にご連絡ください!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

鳥の巣被害改善!棟工事|豊田市

鳥の巣撤去工事
鳥の巣撤去工事
工事内容
雪止め設置
その他の工事
使用素材
なんばん漆喰(黒)
築年数
25年
建坪
約30坪
保証
工事費用
25万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒天水漏れ

軒天の水漏れによる穴あき、との事でてんけんに行ってきました。台風の時だったので被害拡大を恐れ応急の施工をご主人さまが行った後でした。しかし屋根の状況は登れない為変わっていません。

鳥の巣被害

今回は鳥の巣を瓦の中に作られて困っているという相談から点検にやってきました。ご覧のように一見何の不具合もなく葺いてある屋根です。

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。