オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

漆喰の重ね塗りは全く意味がない???みよし市にて和瓦の点検!



みよし市にて和瓦の漆喰を点検してきました!!

漆喰は10年~15年程で経年劣化が進行してしまい
剥離やひび割れ、変退色が確認できるようになってきます。

その際に、「ついでに直しておきますね」と言って
補修を行ってくれる業者さんがいる事もあります。

今回は、以前実際についでといって直してくれたけど
やはり不安だから点検してほしいとお問い合わせ頂きました!!

実際に現状を確認してみると・・・
漆喰 重ね塗り
漆喰 重ね塗り

かなりの劣化が進行していますね・・・

これは経年劣化もありますが、
それよりも一番やってはいけない

「漆喰の重ね塗り」

が行われていました。

漆喰の重ね塗りは既存のものの上に
塗っていく事です。

これは正直・・・
全く意味がありません!!!

というよりも、余計雨漏りの可能性を広げているだけです!!!

棟というものはのし瓦を上手に積み上げて
水の侵入を押さえるように積み上げられています。

そしてのし瓦の下から2枚目よりも奥に漆喰を塗り込む必要があります。

しかし、重ね塗りはもちろん奥に塗り込む事は出来ず、
既存の漆喰の中に雨が入ってしまっていても、
上から蓋をしてしまうので、余計に雨漏りの被害に繋がります。

漆喰 重ね塗り
漆喰 重ね塗り

このように必死に雨げ外に逃げようとして
塗ってある漆喰を溶かし、雨だれのようになってしまいます。

この雨だれは雨が棟の中に入ってきているという証拠にも
なりますので、発生している場合は要注意です!!
漆喰 重ね塗り
漆喰 重ね塗り

他にも、漆喰を塗られている部分としては

「鬼周り」

にも塗られています。

今回の鬼周りはかなりがちがちに塗られており、
経年劣化によって剥がれ落ちる事はありませんが
褪色がどれだけ進行しても、剥がせないのが欠点ですね。


漆喰 重ね塗り
漆喰 重ね塗り

他にも和瓦の点検項目としては

棟の緊結線締めや軒先の番線を撤去し、ビス止めを行う事も出来ます。

瓦自体は割れない限りは、半永久的に使い続けられるものですが
瓦以外の部分は定期的な補修工事が必要です。

20年以上何も行っていない場合は
一度点検だけでも行ってもらいましょう!

その際は街の屋根やさん西三河店までご連絡ください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

瓦

豊田市にて和瓦の点検を行ってきました!!和瓦は、今でも根強い人気を誇り日本の天候に向いている屋根材になっています。その瓦は数十年前まで、少しサイズが違います。今回はその数十年前に建てた瓦屋根の点検を行ってきました!数十年間なにもメンテナンス...........

棟板金交換

豊明市にて棟板金が飛散した為、交換工事を実施しました。棟板金は屋根の一番上にある部材であり、どうしても風を受けやすい部材の一つです。強風や台風によって飛散した棟板金がお隣さんや歩行者に当たって問題になる事も多々あります・・・そうなってしまう...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660