瓦屋根が落ちないように固定してあるアレ|安城市


漆喰・鉄筋棒劣化
瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。
漆喰・鉄筋棒劣化
さて、少々複雑な形の屋根ですが、主なところは漆喰や瓦の接続部分です。漆喰の劣化は雨にも弱くなってしまいます。
漆喰・鉄筋棒劣化
鬼瓦の漆喰がいつの間にかきれいになくなってしまっています。鬼瓦が取れてしまう事はありませんが雨が入り、中の土を濡らしてしまいます。
漆喰・鉄筋棒劣化
棟下漆喰です。虫食いのように穴が開き、中の土が見えています。
漆喰・鉄筋棒劣化
進行すると漆喰は欠片となって落ちてしまい露出部分が拡大します。余計に土が出ていきやすくなってしまいます。
漆喰・鉄筋棒劣化
屋根の向きがかわる部分の谷板金です。現在はステンレス製など劣化に強い材料で作ります。一昔前だと銅板や写真の様な鉄板です。経年劣化によりサビがかなり進行しています。
漆喰・鉄筋棒劣化
最後に棟瓦などを緊結してある鉄筋棒です。初めはビニールの被膜でおおわれていますが比較的早く劣化して鉄筋むき出しとなり、経年で錆びていきます。写真でもわかるように鉄筋は劣化するとポキンと折れてしまう事があります。
漆喰・鉄筋棒劣化
被膜が外れています。鉄筋棒自体もずれていてあまり役割をはたしていません。瓦のずれや滑落を防ぐため取り付けてありますが、この状態だと有事の際に効果を発揮できません。
鉄筋棒は軒先や袖瓦にも使われています。低い屋根やベランダから見える方は一度確認してみてはいかがでしょう。現在の改修方法は鉄筋棒は使わずに瓦をビス固定してしまいます。棟部分はステンレス線を巻き付けて縛って固定します。よほど鉄筋部よりスマートで長持ちします。他、おなじみの漆喰や谷板金も同様の屋根工事です。足場は必要になりますが、安全に屋根を直すための必要経費と考えます。秋の台風シーズンの前に瓦屋根に不安がある方は一度当社へお問い合わせ下さい。

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。