瓦屋根と外壁点検|知多市


IMGP7048-columns2-overlay
瓦屋根の診断がこのところ増えてきています。多くの方が「上から漆喰が落ちてきた」、「剥がれている」といった内容でお問い合わせをいただきます。今回もご近所様が漆喰工事をされて気になった・・、との事でした。
日本瓦
こちらの屋根にはのし瓦がなく七寸丸という冠瓦一枚で棟を作っています。その為棟の下に垂木を通して両サイドをなんばん漆喰で施工してあります。なんばん漆喰は普通の白漆喰よりも固くなります。洋瓦やセメント瓦の棟に多く使われます。幸い剥離などもなく少々の経年によるひび割れほどの症状でした。
日本瓦
冠瓦は垂木に釘で固定してあります。直接釘が刺さっている為、釘浮きなどあると雨水が釘を伝っていきます。写真ではパッキン付きの釘が打ってありますが、劣化でパッキンが無くなってしまった隙間が釘浮きのようになっています。すべての棟瓦をこの釘で打ってありますが、半分以上がパッキン劣化の状態でした。
桟葺き下地
下地も確認します。少し昔の土葺きとは違い桟葺き工法でした。土がなく、桟に瓦を釘打ちで留めてあります。一枚ずつではなく2,3枚ごとに釘打ちで留めてあります。こちらも水が入っている様子はありませんでした。
破風劣化
破風板です。切妻の屋根には破風があります。木製破風ですが劣化が気になります。腐ったりすると結構な大工工事になるので早めのメンテナンスが必要です。
外壁劣化
外壁も点検します。屋根工事をするにしても足場が必要になれば外壁も一緒にメンテナンスを行うほうが好ましいですね。写真のように外壁塗膜がすでに無くチョーキングを起こしていたら塗り替えのサインです。
塗膜膨れ
外壁の塗膜を詳しく見ると表層の塗膜にひび割れが見られます。ここから次第に剥離などの症状が進行していきます。
シール破断
また、外壁のシーリングも塗膜が劣化している為、シーリングも劣化進行中で外壁からも切れています。雨水の入る隙間ができるのは建物にとってマイナスです。塗装工事の前にシーリングの打ち替え工事は必須となります。
建物を維持していくのにもお金がかかります。定期的なメンテナンスを行っていけば費用もそこまで膨らむこともなく工事ができますが、劣化がひどくなると費用も変わってきます。建物の造りや使用材料の質でも変わります。当社では点検依頼の箇所のみではなく、目に入る限りの部分も点検中に見ています。気付いたことは提案やアドバイスという形でお知らせして工事の検討をして頂いております。外回り工事をご検討中の方は是非一度当社へお問い合わせ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰点検

こちらの瓦屋根の漆喰補修の点検にやってきました。約20年を経過した瓦屋根です。漆喰が隣家に落ちてきてご指摘を頂いたそうです。手のひらサイズくらいでも漆喰は当たると痛いので要注意です。

漆喰・鉄筋棒劣化

築45年、初めての漆喰工事をされる方の屋根点検です。45年はなかなかの年数ですが、現地で点検をしてみて思ったより剥離などが無かったので良かったです。やはり職人さんの腕といったところでしょうか。

瓦屋根 漆喰補修 剥がれ 鬼瓦 

今回は豊田市T様邸で漆喰の工事を行ってきました。瓦屋根の方必見です!!!瓦屋根自体は焼き物ですので割れ足りしない限り基本的にはメンテナンスは必要ありません。ですが漆喰等細かな部分のメンテナンスは必要になってきます。屋根から漆喰が落ちてきた見...........