刈谷市で漆喰工事と鬼瓦補修、谷板交換工事【谷板編】


DSCF6881-columns1-overlay
こんにちは、今回の現場は、以前、刈谷市で、うつむき過ぎた鬼瓦を直し、漆喰の工事を完了の報告をした現場の続きです。
後残すところ、谷板金の交換工事を残すのみ、となりました。
ご覧の通り谷板金の、両脇の立ち上がりも無く、微かに折り返してあるだけです、昨今のまとまった雨には、太刀打出来ないのでしょう。
谷板金の周りに葺き土が、こんなにも残っているのも奇跡的です、最近の雨量に流されて居てもおかしくありません。
DSCF6882-columns2-overlay
八谷の天場も重ねただけで、水量が多ければ板金からあふれて、左右に雨漏れして居たことでしょう。
DSCF6884-columns2-overlay
新しく施工した谷板金は、両サイドに15㎜の立ち上がりが有り、水量が多くても、オーバーしない様に、スポンジが施工して有ります。
DSCF6888-columns1-overlay
谷の瓦も復旧出来て、谷板金取替工事も完了できました。
最近の天気、雨風も昔とは違って来ています、それに起因して施工の基準が変わって来ています。
以前はそれで良かった施工も、長雨や、局地的なまとまった雨等に負けない屋根にレベルアップして行きましょう。








屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お電話でのお問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
0120-947-660
外装工事だけに関わらず何でもご相談ください。
お待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋腐食

雨樋からの水漏れ、しかも結構な量との事で点検に来ましたが地上からでも劣化がはっきりわかりました。細部点検の為はしごを登り、見てみるとジョイント部分が劣化・腐食しています。なぜこのようになるのか。接合部は接着剤で固定してあります。経年とともに...........

U瓦と瓦棒屋根

今回はスレートのU瓦などの屋根点検です。東西面が狭く足場の組み立てが困難そうです。点検の屋根面は南側にありました。手前の色が剥げている瓦がU瓦でその先に板金の瓦棒屋根があります。

谷板金雨漏れ

今回は室内から雨音が聞こえるとの事で瓦屋根の点検です。屋根に上がる前に室内の天井裏を確認したところ梁と垂木に雨染みが確認できました。屋根瓦はいぶし銀のきれいなものです。