オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

刈谷市で袖瓦の下に防水テープ貼りました


こんにちは、今回の現場は、昔の施工では意外と多く有ったのですが、袖の捨て水切りが入っていない切妻のお宅です。
昔は和瓦が主流で和瓦やS瓦など瓦の山が高く割り付けが必要な瓦は袖の捨て水切りは必要無いので平らな洋瓦の歴史が浅かった頃にはその様な施工がなされている事もありました。
この現場は雨漏れが有った為、軒天等も所々ダメに成ってしまって居ました。
DSCN7160-columns1
袖瓦を外しました。
袖シーラー(スポンジ)がちゃんと施工してあった為でしょうか、雨漏れはあったものの中の状態はそれ程ひどい状態ではありませんでした。
雨漏れはしていてもノジ部分に水が溜まる事が無かったのでしょう、もし水が一か所に留まる状態が長年続いて居たらノジも昇り淀(破風の立ち上がり)もダメに成って取り換えて居た事でしょう。
ノジから直すとなると工期も予算も変わってお客様の負担も変わって来るので中の状態が悪くなって居なくてよかったです。
DSCN7166-columns2
袖瓦を取り除いた所に平瓦から破風板まで、一段事に防水テープを施工して止水しました。
DSCN7157-columns2
袖瓦も取り付けた隙間の状態です。
DSCN7158-columns1
袖の止水の工事が終わりました、これで屋根からの雨漏れは安心です。




屋根や壁のトラブルはお任せください。
無料点検致します。
お電話でのお問い合わせは9時~17時まで受け付けております。
0120-969-687
外装工事だけに関わらず何でもご相談ください。
お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660