瓦屋根漆喰の点検です|刈谷市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

漆喰・鉄筋棒劣化
築45年、初めての漆喰工事をされる方の屋根点検です。45年はなかなかの年数ですが、現地で点検をしてみて思ったより剥離などが無かったので良かったです。やはり職人さんの腕といったところでしょうか。
漆喰・鉄筋棒劣化
しかしやはりノーメンテナンスであった為、劣化が各所に見られます。2種類の瓦屋根がありますがすべての鬼巻き漆喰は劣化が進行しています。
漆喰・鉄筋棒劣化
もう一つの屋根は一部寄棟なので隅棟があります。先端の鬼巻き漆喰も剥離進行中です。
漆喰・鉄筋棒劣化
棟下の漆喰も変退色、ひび割れがほぼすべての位置で確認できました。剥離してしまうと中にある土が出てしまうので補修が必要な状態でした。
漆喰・鉄筋棒劣化
屋根が重なり合った部分には小さい棟がありました。これは棟留めという部分で漆喰で蓋をしてあります。漆喰が剥がれて過去にご自身でコーキングをどっさりと塗ってあります。半分残った漆喰も剥離しているので雨水は入ってしまう状態でした。
漆喰・鉄筋棒劣化
最後に屋根にこのような太い針金を見たことはありませんか?少し年数の経った瓦屋根に多く見られるものです。この鉄筋棒で瓦を緊結して落下防止をしています。はじめはビニールの被膜もありますがやはり劣化するとこの状態です。温度差による伸び縮みやサビの影響で知らないうちに折れたりすることもあります。
漆喰工事の相場や最後の写真にあった鉄筋棒の交換などご存じない方も多いのではないでしょうか?屋根の造りや形によりますが、足場の有無、過去より優れた工法で仕上げる事ができる施工なども多くあります。特に漆喰メンテナンスはほとんどの方が詳しいわけではないのでいわれるがままの金額で高い工事をしてしまう例もあります。当社は屋根屋で適切な材料と工賃をご案内しています。瓦屋根に限らず屋根・防水の事でお悩みの方はお気軽に一度お問い合わせ下さい。

同じ地域の施工事例

施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。