アスファルト防水点検に行ってきました|刈谷市


アスファルト防水劣化
刈谷市で防水点検です。およそ20年間雨水から建物を守ってくれていたアスファルト防水です。この施工は防水工事の中でも強い防水の部類に入ります。コーティングのみのトップコート塗装やウレタン防水よりも予算が必要になってくるbぷ水工事です。
アスファルト防水劣化
屋上施工などの場合、概ね10年保証が付いてきますが、20年経過していると保証の対象から外れ、施工箇所もご覧のように劣化してきます。雨や日光により劣化は進行していきます。
アスファルト防水劣化
アスファルトシートを貼り合わせて施工してありますが、どの部分もひび割れが起こり、一部浮きから雨水の侵入も確認できました。熱などで一度形がついてしまうと元に戻りません。
アスファルト防水劣化
表層のひび割れの拡大です。ひび割れは徐々に拡大していき、雨水も侵入しやすくなってしまいます。わずかな劣化でしたら部分補修も可能ですが、全体的に症状が出てしまうと部分補修では追い付かなくなります。
アスファルト防水劣化
雨水をドレンへ流すための溝があるので段差があります。シートも段差に沿って貼ってある為、切れ(破れ)易い箇所でもあります。ドレンへ続く部分なので当然雨水が当たる場所です。
アスファルト防水劣化
押さえ材料のアルミプレートのコーキングも破断しています。割れ口から水が入るポケットになってしまっているのでここも劣化を進行させてしまう箇所になります。
一般の屋根とは工法も異なる陸屋根の防水工事ですが、施工の種類もいくつもあります。現状を確認する事が前提ですが、既設仕様と同じものが良いとは限りません。金額も劣化状態により大きく前後します。これから梅雨の時期。屋根全般の防水状態に不安がある方は是非一度お問い合わせください。点検とお見積りは無料で行っております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5546

今回は刈谷市で強風で飛散してしまった屋根の点検に行ってきました。使用されていた屋根材は「アスファルトシングル」でした。

パミール

今回は刈谷市でパミールが使用された屋根の点検に行ってきました。そもそもパミールとはどの様な屋根材なのでしょう。・屋根の上から何かが落ちてくる・・・・塗装業者から「塗装は出来ない」と言われた・・・・雨漏りや雨染みが発生してきた・・・というお家...........

d9ede2651b6b1f09194cafb98c2716eb

今回は豊田市で外壁塗装の見積依頼を頂き点検に行ってきました。今回使用されていた外壁材は「サイディング」でした。サイディングには金属系と窯業系があり今、建てている家の約8割がこのサイディングを使用しているというぐらい多く使用されている外壁材で...........