刈谷市で瓦棒屋根の点検|葺き替え前の調査


刈谷市で葺き替えの工事が始まります。

その前に以前、調査に伺った際の状況と様子をお伝えいたします。

瓦棒とはトタンやガルバリウム鋼板といった板金で施工される屋根の事で
急な勾配が必要とせず、様々な屋根の形に対応する為、あらゆる所で見られる屋根の一つです。

屋根材の継手部の立ち上がり部分に大きな高低差を付ける事で防水性も非常に高いです。
瓦棒屋根
瓦棒屋根
こちらが瓦棒屋根です。

等間隔のピッチの屋根材を繋いで形成されています。
継ぎ手部分の立ち上がっている部分には心木という木材が入っており下地となる
野地板に止まっています。そこにキャップを被せて留めていく工法です。

立上りがある為、防水性が高いのが特徴でもあります。

瓦棒屋根
瓦棒屋根
瓦棒屋根
瓦棒屋根
屋根の状態を見ていくと・・・

以前、塗装した塗料が剥がれてきて青色の部分が見えます。
これは瓦棒屋根自体の元の色が見えている状態です。

塗料との密着が悪くこの様な状態になっています。
幸いにもサビ等はほとんど出ていませんでした。

今回の屋根の状態は全体的に褪色が進行しており、塗膜にも部分的に剥がれが発生していました。

サビの発生や腐食により穴があいているという事はありませんでした。

通常の補修の方法ですとサビ止めを塗布して、塗装していくというのが一番良いのですが、
お施主様より、あまりメンテナンスをしていきたくない

との、ご要望がありましたので今回は葺き替え工事をお勧め致しました。

葺き替え工事では、従来のトタンに比べてサビに強いガルバリウム鋼板という板金が普及しているので

そちらに葺き替える事をお勧め致しました。


屋根は非常に専門性の高い部分です。
お困りのことがありましたら専門工事会社である

街の屋根やさんまでお問い合わせください!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5546

今回は刈谷市で強風で飛散してしまった屋根の点検に行ってきました。使用されていた屋根材は「アスファルトシングル」でした。

パミール

今回は刈谷市でパミールが使用された屋根の点検に行ってきました。そもそもパミールとはどの様な屋根材なのでしょう。・屋根の上から何かが落ちてくる・・・・塗装業者から「塗装は出来ない」と言われた・・・・雨漏りや雨染みが発生してきた・・・というお家...........

d9ede2651b6b1f09194cafb98c2716eb

今回は豊田市で外壁塗装の見積依頼を頂き点検に行ってきました。今回使用されていた外壁材は「サイディング」でした。サイディングには金属系と窯業系があり今、建てている家の約8割がこのサイディングを使用しているというぐらい多く使用されている外壁材で...........