瓦棒屋根の塗装|サビが広がる前に塗装をおすすめします|刈谷


刈谷市で屋根塗装工事を行いました。
屋根には瓦棒という板金で出来た屋根がありました。

素材はトタンでしたので年数の経過によって褪色やサビがありました。

サビが進行してしまうと塗装が困難な場合があります。
定期的に塗り替えを行う事によって長く良い状態を保つことが出来るので
サビが出ている部分がありましたら早めに塗装をお勧め致します。
瓦棒屋根塗装
こちらが瓦棒屋根です。
一定の間隔で瓦棒という立ち上がり部分があります。

今は立平葺きという板金屋根が非常に多くなってきているので
瓦棒屋根を見かけなくなりましたが、築年数の経過しているお家では瓦棒屋根が使用されています。

瓦棒屋根塗装
この様に全体的に色褪せが進行してきたり

塗膜が剥がれてサビが発生しています。

サビを放置しておくと穴が空いたりするのでサビが出てきたら
早めに塗装をお勧め致します。

瓦棒屋根塗装
まずは下地調整としてケレンという作業を行い
サビの除去や目荒らしをおこない塗料の密着力を高める作業を行います。
瓦棒屋根塗装
そこから仕上げとなる上塗りを2回行います。

計3回塗装をする事によって長期的に屋根を紫外線から守ります。

サビが進行すると穴が空くこともあり
雨漏れに繋がってしまう可能性もあるので定期的な補修をしていく様に
こころがけていきたいですね

同じ地域の施工事例

施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古瓦葺き替え

古瓦の屋根です。大きくはないですがずっと昔からある建物だそうです。漆喰の状態も悪く、瓦自体も凍てなどで割れが出ています。

ドーマ雨漏れ

これがドーマです。屋根の上に室内でいう屋根裏部屋等がある部分です。今回のご相談は室内雨漏れの原因究明ですが、雨漏れ部分の真上にこのドーマがあります。

モニエル瓦劣化

碧南市にやってきました。モニエル瓦の修繕相談です。今回は2棟で一つの屋根という建物です。予算を折半で工事希望との事した。よく見るタイプのモニエル瓦でこれは「センチュリオン」というタイプです。切妻屋根ですがやはり2棟繋がっていると大きいですね...........