瓦棒屋根の塗装|サビが広がる前に塗装をおすすめします|刈谷

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

刈谷市で屋根塗装工事を行いました。
屋根には瓦棒という板金で出来た屋根がありました。

素材はトタンでしたので年数の経過によって褪色やサビがありました。

サビが進行してしまうと塗装が困難な場合があります。
定期的に塗り替えを行う事によって長く良い状態を保つことが出来るので
サビが出ている部分がありましたら早めに塗装をお勧め致します。
瓦棒屋根塗装
こちらが瓦棒屋根です。
一定の間隔で瓦棒という立ち上がり部分があります。

今は立平葺きという板金屋根が非常に多くなってきているので
瓦棒屋根を見かけなくなりましたが、築年数の経過しているお家では瓦棒屋根が使用されています。

瓦棒屋根塗装
この様に全体的に色褪せが進行してきたり

塗膜が剥がれてサビが発生しています。

サビを放置しておくと穴が空いたりするのでサビが出てきたら
早めに塗装をお勧め致します。

瓦棒屋根塗装
まずは下地調整としてケレンという作業を行い
サビの除去や目荒らしをおこない塗料の密着力を高める作業を行います。
瓦棒屋根塗装
そこから仕上げとなる上塗りを2回行います。

計3回塗装をする事によって長期的に屋根を紫外線から守ります。

サビが進行すると穴が空くこともあり
雨漏れに繋がってしまう可能性もあるので定期的な補修をしていく様に
こころがけていきたいですね

同じ地域の施工事例

施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

スレート劣化

今回は「建物診断」について書いていきたいと思います。刈谷市からのご依頼で複数社相見積もりで塗装工事を・・。と連絡を頂きました。その際に診断はどのようにして行うのか、という旨の質問がありました。当社では可能な限り屋根に登らせて頂き、屋根外壁付...........

カラーベスト未施工

さて今回は屋根点検ですが30年ほど未施工のカラーベスト点検です。外壁は塗装工事を行ってきたものの屋根は塗装せず、との事でとある業者さんから「永久に使えるから大丈夫」と言われて塗装をしてこなかったようです。

雨樋腐食

雨樋からの水漏れ、しかも結構な量との事で点検に来ましたが地上からでも劣化がはっきりわかりました。細部点検の為はしごを登り、見てみるとジョイント部分が劣化・腐食しています。なぜこのようになるのか。接合部は接着剤で固定してあります。経年とともに...........