屋根の不具合放置しておくと??刈谷市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

今回、屋根塗装の見積依頼で刈谷市K様邸に行ってきました!

屋根や外壁の塗装、ただ塗っていけばいいと思っていませんか???

ただ塗るだけでしたらホームセンターで塗料を買って
素人が塗っていくのとほとんど変わりありません。

どうして費用をかけて、職人のようなプロに任せるかといいますと

・もちろんプロの腕で綺麗に仕上げる!
・塗料の膜厚を均等につけ部分的な劣化をなくす。
・悪い場所を見つけそれを改善し家の持ちをよくする!

プロに任せるのはただの塗り替えではなく
不具合を直し、尚且つ綺麗に仕上げる!!です。

自分でやるとペンキが飛んで他の場所を汚してしまった等
色々な問題が出てきます。

ですのでプロに任せるのであれば
「悪いところは直してから!」です。
屋根 スレート 色褪せ 釘浮き 見積依頼 塗装 塗り替え
屋根 スレート 色褪せ 釘浮き 見積依頼 塗装 塗り替え
年数が15年以上たっているという事で
全体的に色褪せが進行していました。

塗装の目安は新築から10年です!!

色褪せを放置しておくと
塗膜が剥がれてそこから雨を吸ってしまい
屋根材の浮きや反りに繋がってきてしまいます・・・

ここのお家は大丈夫でした。

屋根 スレート 色褪せ 釘浮き 見積依頼 塗装 塗り替え
・・・。

棟板金の釘が・・・
屋根 スレート 色褪せ 釘浮き 見積依頼 塗装 塗り替え
釘が浮いていました。

建物の揺れ等で年数が経ってくるとこの様に
釘が浮いてきてしまいます。

板金を止めているのは釘だけですので
釘の力が弱まると強い風の時、板金が飛んでしまう可能性が・・・

悪い場所を見つけ、しっかり直す。

その後に塗装!!!

これがプロに任せる塗り替えです!!!

また1度足場を組むのでしたら塗れる箇所は
1度に塗っておきましょう。

屋根・外壁塗装も
街の屋根やさん西三河店にお任せください!!!

お問い合わせはこちら

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

古瓦の劣化

今回は古瓦の改修工事依頼です。点検にやってきてお伺いしましたがこれまでは隣家が並んで建っていたが今回更地になったので・・・。との事でしたが、隣家との隙間がなくほぼぴったりくっついて建っていたそうです。その為工事ができずにおられたようです。

折半屋根 サビ 腐食

今回は豊田市で折半屋根の点検を行ってきました。折半屋根とは主に工場等に使用されているギザギザとした形の屋根になります。屋根材自体は板金なので長い間放置しておくとサビが発生してしまいます。1度サビが発生してしまうとそこから自然に直る事はなくど...........