刈谷市で飛散してしまった棟板金の取付に行ってきました。


今回は刈谷市で棟板金の交換工事を行ってきました。

屋根には「棟」と呼ばれる部位がありスレート屋根には
この部分い板金が被せてあります。

その板金は下に貫板がありそれに釘で留めてあります。

年数が経ってくると建物の揺れ等によってその釘が浮きてきてしまいます。
浮いてしまったり水が侵入し貫板が腐食してしまったりすると
強い風の時に板金が飛んでしまう事があります。

下に人や車等があると大変危険です。
飛散してしまう前に予防しておきましょう。

また屋根材の下には二次防水のルーフィングが貼ってあるので
すぐに雨漏りしてしまう事は少ないとは思いますが
ルーフィングも永久ものではないので放置のし過ぎは危険です。

なるべく早く補修してあげましょう!
IMG_2240-columns2-overlay
IMG_2238-columns2-overlay
既設の板金、貫板を撤去していきます。

撤去したら新しい貫板を取り付けていきます。
この場所には大体木が使用されていたのですが
今は人工木という樹脂製のものを使用しています。

木と違い腐れ事はありませんので
長い耐久性が期待出来ます。

貫板を取り付けたら後は板金を取り付けていけば完成です。
IMG_2242-columns2-overlay
IMG_2251-columns2-overlay
この様に繋ぎ目の部分にコーキングを打って
出来るだけ水の侵入を防ぎましょう。

板金をビスで留めることによって更に安心です!

屋根の事でお困りな方はまずは
街の屋根やさん西三河転店にご相談ください!!!

同じ地域の施工事例

施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCF6548

岡崎市で今回は台風によって飛散してしまった棟板金を交換しました。棟板金とは屋根の頂上に棟という部位がありスレート屋根にはその棟の部分に板金が被せ施工してあります。その板金は下地の木に止めてあるだけですので年数が経ってきてその釘が浮いてきてし...........

棟板金 台風被害

今回は豊田市で棟板金の交換工事を行ってきました。スレート屋根には屋根の頂上にある「棟」と呼ばれる部位に板金が被せてあります。その下には木で下地が作られておりその木に釘で板金が止めてあります。今回の被害で板金が飛散してしまった原因がこの下地の...........