オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩倉市へ外壁の点検に行ってきました


外壁褪色
岩倉市での点検です。今回は35年弱経っているご自宅の点検です。前回のリフォームから15年余り、やはり不具合が出てきて気になっているとの事でした。ぱっと見どこの面も褪色や雨筋汚染が見られます。塗膜が無くなると汚れがとどまり易くなりどんどん汚れていってしまいます。
外壁褪色
塗膜確認はご自宅でもセルフチェックができます。このような外壁はこすると手に粉が付きます。チョーキングの現象が出てきたら塗り替え時期のサインです。
外壁褪色
目地がある部分はこのようにクラックも入りやすい箇所です。特にサッシ回りはクラックが起こり易く、雨が流れてくると隙間に入ってしまいます。窓やドアは日々開け閉めをする場所なので外壁にも影響します。
外壁褪色
コーキングがある目地は御覧のように切れが発生していました。表層は塗膜劣化に伴いひび割れしています。こうなると雨水や紫外線がシーリングに直接あたるので劣化が進行していきます。
外壁褪色
左の写真と同様ですがこちらはシーリングの切れ初めの写真です。顕微鏡で点検す路とわかるのですが、肉眼では一瞬見ただけではほとんどわかりません。シーリングが切れ始めると意外と早く進行していってしまいます。
外壁褪色
外壁塗装には付帯部分も塗装範囲に入れる事が多くあります。塗装不要な状態や材質の場合を除いては点検の上、お見積り致します。この鼻隠し板も木製なのでペンキがはがれています。
外壁褪色
破風板にも劣化・腐食が見られました。下地状態を修繕した後に塗装を行えばきれいに仕上がる状態でした。木部は腐食などが進んで朽ちてしまうとどうにもならなくなってしまうので交換ともなると屋根から触っていかなければならないので予算がかさむ事にもつながってしまいます。
外壁褪色
外壁の入隅です。北東側の日の当たりにくい部分では褪色とカビの様なものが見られました。敷地に植栽もあり、湿気る状況が多いのではないかと思われます。
外壁褪色
地上からは意識してみてみないと分かりにくい部分が多くあります。私たち業者目線ではこんなところも見つけます。雨樋金具が鼻隠し板に打ち付けてありますが経年の劣化により木部が割れています。樋の真下なので水気も多い部分です。多く影響を受ける前に修繕したい部分です。
今回の点検の所見報告をお客様にさせて頂くとやはりお気づきにならない部分が多かったとのお話を頂きました。点検作業も型にはまったマニュアル通りで行うと見落としが出てしまいます。建物は造りも築年数も一軒一軒違うのでお客様へのヒアリングと注意深く点検を行う目が必要です。業者選びで迷っていらっしゃる方や、塗装をお考えの方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20200826_200901_24

外壁にできた苔やカビってなんでできるの!?今回のお問い合わせ内容は・・・「壁に変な黒いものができたから見てほしい」との事でした。外壁には基本的に新築時に貼られたサイディングという外壁材の表面に塗料が塗られています。しかし、この塗料が経年劣化...........

シーリング工事 完成

今回、豊田市で外壁の塗装工事を行っています。外壁塗装を行う際、ただ塗料を塗っていけば良いという訳ではなく不具合(外壁材のひび割れ・目地やサッシ廻りのひび割れや切れ等・・・)を直してから塗装して行かないとひび割れ等はそのまま残ってしまいせっか...........

外壁塗装 外壁

今回はみよし市で外壁の塗装工事を行ってきました。ご依頼の内容は・・・前回塗装してから15年程経っているのでそろそろ・・・というご依頼を頂きお伺いしてきました。外壁塗装を行う目安は10年です!その他にもチョーキングやコケやカビの付着目地やサッ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660