古瓦屋根点検に行ってきました|阿久比町


古瓦凍て
おなじみの瓦屋根根点検です。日本瓦は漆喰メンテナンスや浮きやズレを指摘されて心配になる方が多いですね。だいたいの場合は当社で点検に行くと大丈夫であることが多いのですが。今回は古瓦という事でご覧のような屋根です。今使われている瓦とは働き幅など規格が異なります。大きさがやや小さいので同じ屋根面積でもたくさん瓦が使われています。
古瓦凍て
鬼瓦の漆喰も劣化しています。また、気持ち位置がずれて設置してあるようです。鬼瓦が取れてしまう事はないのですが棟の内部に雨水が入ってしまいます。
古瓦凍て
棟瓦ですが・・・枝葉が瓦の隙間から生えています。少なからず棟内部に雨水が入っているのではないかという事と、この状態では棟に隙間がどんどんできて雨水侵入、瓦のずれ拡大という状態が心配されます。中の土に根を張っているようで引っ張ると棟が動きそうでした。
古瓦凍て
瓦を見ると剥がれたような跡がありますが、当時の瓦の焼き方と現在では製法も違う為に起こる「凍て」(いて)です。表面が割れて剥がれ落ちたような劣化を古瓦ではよく目にします。
古瓦凍て
もちろん強度も低下します。積んである瓦の一番下ですから重量もかかっています。漆喰や土にも水が当たり易くなり、棟の歪み・崩れの原因となります。
古瓦凍て
他の瓦でも凍てが多数出ています。割れた故に継ぎ目が露わになり水が入ってしまいます。屋根下には土と杉皮が敷いてありますが、長雨や土砂降りの雨にはとても弱く、雨漏れの原因となります。
古瓦凍て
凍てによる割れの破片がありました。改修しましたが、他の瓦もいつこのようになるかわかりません。やはり当たると危険なので注意が必要です。
古瓦凍て
棟下の漆喰もたたくと薄く、軽い音がします。部分的に剥がれている箇所もお見受けできました。
葺き替え工事には屋根を新しくする、という中に瓦や土の処分代や足場費用、発生する板金工事などあまり表立って表示されない費用も掛かってきます。工事の流れやかかる費用はもちろん、仕上がりイメージや使用材料をしっかりと説明し、見て・触って頂き検討して頂きます。イメージでは高い費用が掛かる工事ですが、将来必要なメンテナンスや特に塗装費用などを考えるとやはり得られるお得感は大きいものがあります。葺き替えや板金カバー工事をお考えの方は是非一度お気軽に当社へお問い合わせ下さい。

この工事の現場ブログ

古瓦凍て

2018/05/30/ 古瓦屋根点検に行ってきました|阿久比町

おなじみの瓦屋根根点検です。日本瓦は漆喰メンテナンスや浮きやズレを指摘されて心配になる方が多いですね。だいたいの場合は当社で点検に行くと大丈夫であることが多いのですが。今回は古瓦という事でご覧のような屋根です。今使われている瓦とは働き幅など...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

空気層による屋根の長寿命化/結露防止、湿気、熱気を排出/知立市

セキスイかわら
ワンタッチ ニスクフロン
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ワンタッチニスクフロン ブラックパール
築年数
築40年
建坪
24坪
保証
雨漏り10年保障
工事費用
136万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ROOGA 雅 葺き替え

今回は豊田市で屋根の葺き替え工事を行ってきました。使用した屋根材はKMEWのROOGA【雅】です!ROOGAとは???

DSCN0522

こんにちは、今回の現場は、知多市で、一部葺き替え工事をさせて頂きました。二階建ての下屋部分の、両サイドに谷を抱えて、突き出た部分です。雨漏れが有り、漆喰の劣化も進み、瓦じたいも葺き土と共にずれて来ています。

S__14729227-e1524557223914

こんにちは、今回の現場は、カラーベストへの葺き替えです。既存の屋根材をめくって、野地の補強の為コンパネをはります…そこまで来たら後は通常道理のカラーベストを葺く要領で進んでいきます。上の写真は、コンパネを張った状態に、軒先板金を施工したとこ...........