古瓦の改修工事|刈谷市


古瓦の劣化
今回は古瓦の改修工事依頼です。点検にやってきてお伺いしましたがこれまでは隣家が並んで建っていたが今回更地になったので・・・。との事でしたが、隣家との隙間がなくほぼぴったりくっついて建っていたそうです。その為工事ができずにおられたようです。
古瓦の劣化
屋根点検します。古瓦の紹介はこれまでにいくつかブログでも挙げてきましたが瓦の状態はやはり剥離と割れが見られますが、写真でもややわかりますか?屋根面が歪んで波打っています。これは下地の状態に不安があります。
古瓦の劣化
袖部分の瓦も表面だけの剥離ですが、棟まで登っていく瓦を見ると所々にズレがあります。重なりのずれによる隙間もあるので雨が降ると雨水が入り込みます。
古瓦の劣化
軒先部分は破損していました。雨水による浸食と思われますが、モルタルの軒天と破風でした。間に合わせで板金が貼ってありましたが角度を落としてある破風までは覆われてはいませんでした。このままでは軒天も心配です。
古瓦の劣化
建物の点検で嫌でも目にしてしまう地上部分。隣家がぴったりくっついていたので更地になった今わかるところです。地面は土、基礎は無くそのまま柱を寝かせて土台としてあります。外壁のモルタルはひび割れて地上部分は割れて穴があります。写真でもわかる通り木材が腐食しています。土台となる柱なのでまずい状況です。
古瓦の劣化
建物の幅がありますが、見たところ3か所に穴があります。基礎を造ることもできないので対策が必要ですが、隣地は勝手に立ち入ることができません。見える箇所を塞いでも地中からくる水分は止める事ができません。
屋根の改修も大切ですが、今回は地上の土台に関しての重要度が高いように思います。建物の造りと隣地の関係もあり、地盤がどうなのか、改修方法の検討が難しい案件になりそうです。予算もありますが優先順位を決めて提案していく事にします。屋根外壁以外の部分のイレギュラーは時にありますが、建物外装でお悩みの方は一度お問い合わせください。

同じ地域の施工事例

施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

ルーガ鉄平/屋根葺き替え工事の事例紹介/刈谷市屋根業者

モニエル瓦
ROOGA鉄平
工事内容
屋根葺き替え
部分塗装
使用素材
KMEW ROOGA鉄平(ストーン・シルバー)
築年数
築20年
建坪
52坪
保証
10年間
工事費用
290万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

モニエル瓦

台風被害・・・。今年は非常に多いです。色々と業者を調べて最終的に当社へ行きつき連絡を頂きました。現地へ到着しすぐに発見。ケラバの瓦が落ちてなくなっていました。