東浦町でカラーベストの点検にいってきました


カラーベスト劣化
東浦町にある平屋建物の点検にやってきました。経年劣化による屋根材のバタつきが最近の強風で感じるようになったとの事です。ご覧の通り割と大きな屋根です。前回の塗装工事から約20年頑張ってくれていました。
カラーベスト劣化
建物正面側はパラペットがあり壁になっています。裏のトタンの塗装状態も屋根と似たような状態です。どちらも塗膜はすでに無くなっており、表面にはカビが広範囲にわたり付着しています。
カラーベスト劣化
屋根材の下地も多く見えており、カビの発生が進行しています。白い丸いものが見えますが、近くで見るとコケやカビが広がったようなものでした。
カラーベスト劣化
顕微鏡での屋根材の写真です。黄カビと黒カビなどがびっしり付着しているのが分かります。付着したカビはなかなか頑固で落ちません。
カラーベスト劣化
屋根材の変退色でわかりにくいですがスレートの割れもいくつか確認できました。塗膜劣化による経年の板反りで割れてしまったものと思われます。今後、塗装工事をするのであれば補修か差し替えをしなければなりません。
カラーベスト劣化
パラペット裏のトタンです。昔の鉄板なので塗膜が痛むとサビがすぐに発生します。屋根に上がって行う塗装工事の際に一緒に手を入れてメンテナンスをお勧めします。
リーズナブルな工事だと塗装工事。少し予算をかければカバー工法での工事となります。しかし点検時に気付きましたが屋根材の劣化が思ったより進んでおり歩くと軋みをとても感じました。塗装などの施工中に歩くと割れてしまう可能性が高いと思います。また、カビが多く付着していましたが、塗装の際は施工前に高圧洗浄を行います。この洗浄の圧でカビを飛ばすと一緒に残った塗膜をもっていってしまいます。また、屋根材も圧に耐えられず割れてしまう事も考えられます。洗浄時に出る飛散水と塗膜片はすごい量です。近隣に飛散しないようにしっかりとネットで養生する事も大切です。
これから梅雨の時期もやってきます。屋根の状態に不安を持っている方はお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5546

今回は刈谷市で強風で飛散してしまった屋根の点検に行ってきました。使用されていた屋根材は「アスファルトシングル」でした。

パミール

今回は刈谷市でパミールが使用された屋根の点検に行ってきました。そもそもパミールとはどの様な屋根材なのでしょう。・屋根の上から何かが落ちてくる・・・・塗装業者から「塗装は出来ない」と言われた・・・・雨漏りや雨染みが発生してきた・・・というお家...........

d9ede2651b6b1f09194cafb98c2716eb

今回は豊田市で外壁塗装の見積依頼を頂き点検に行ってきました。今回使用されていた外壁材は「サイディング」でした。サイディングには金属系と窯業系があり今、建てている家の約8割がこのサイディングを使用しているというぐらい多く使用されている外壁材で...........