半田市で瓦屋根の漆喰点検に行ってきました


漆喰点検
半田市に点検にやってきました。切妻ですが両端に小さな隅棟がある形の瓦屋根です。初めての漆喰工事でわからない事が多く点検のご依頼を頂きました。
漆喰点検
瓦については問題なし。やはり漆喰ですね。自宅で屋根から漆喰の欠片が落ちてきたのに気づき心配になられたそうです。小さなものならまだしも、ある程度の破片なら当たるとケガをしてしまいます。
漆喰点検
鬼巻き漆喰です。もっと厚塗りしてありましたがどんどん薄くなり今では手ですぐ外れるくらいになってしまいました。
漆喰点検
こちらはすでに剥離して無くなっています。鬼瓦が落ちる事はありませんが隙間から雨水が入ると屋根にとってマイナスです。
漆喰点検
棟下漆喰です。変色し、表面は細かなひび割れが多く見られます。端部から剥離も始まっているようです。中の土が露出し、流れたりしてしまうと棟にダメージが出てしまいかねません。
漆喰点検
一段低くなっている屋根を「棟違い」と言います。段差の部分には破風板があり、継ぎ目になっていますが、こちらは大型の板金板で雨水が入らないようにカバーされていました。建物の継ぎ目などは雨漏れの起こり易い箇所でもあるのでこれは良い施工だと思います。
現在は雨漏れもなく、工事自体も行うとすれば漆喰補修のみで済むと思います。ただし、漆喰工事の施工方法も会社によってさまざまです。知識の少ないところだと重ね塗りの化粧のみ、ひどい場合は塗装・・・など。やってはいけない工事です。古い漆喰をしっかり撤去し、中込めから漆喰の新規施工が正しい工事です。漆喰工事をご検討の方は一度お気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5546

今回は刈谷市で強風で飛散してしまった屋根の点検に行ってきました。使用されていた屋根材は「アスファルトシングル」でした。

パミール

今回は刈谷市でパミールが使用された屋根の点検に行ってきました。そもそもパミールとはどの様な屋根材なのでしょう。・屋根の上から何かが落ちてくる・・・・塗装業者から「塗装は出来ない」と言われた・・・・雨漏りや雨染みが発生してきた・・・というお家...........

d9ede2651b6b1f09194cafb98c2716eb

今回は豊田市で外壁塗装の見積依頼を頂き点検に行ってきました。今回使用されていた外壁材は「サイディング」でした。サイディングには金属系と窯業系があり今、建てている家の約8割がこのサイディングを使用しているというぐらい多く使用されている外壁材で...........