瓦屋根漆喰点検に行ってきました|半田市


漆喰点検
こちらの瓦屋根の漆喰補修の点検にやってきました。約20年を経過した瓦屋根です。漆喰が隣家に落ちてきてご指摘を頂いたそうです。手のひらサイズくらいでも漆喰は当たると痛いので要注意です。
漆喰点検
鬼瓦の漆喰も剥離して無くなっています。棟は屋根の頂上なので転がると勢いよく地上へ向かっていってしまいます。
漆喰点検
点検は漆喰以外にも屋根全体を診ます。棟に歪みやズレは無いか、瓦の浮きや割れは無いか、など。土葺きの屋根であればストックの瓦があればその場で交換可能です。(位置によりますが)
漆喰点検
鬼巻き漆喰の剥離です。襖という被せてある瓦と鬼瓦に隙間ができ、雨水が入るので長い事放置はできません。
漆喰点検
棟下の漆喰です。剥離が進行中で土が見えています。漆喰の奥には土が込められています。土が出てしまうと棟の歪みや崩れの原因となります。
漆喰点検
寄棟屋根なので隅棟もあり、同じくして漆喰が施工してあります。同様に剥離箇所が少なくとも20か所ほどある状態でした。
漆喰点検
寄棟の又に当たる部分です。本来は雨が入らないように連結してある部分にコーキングなど施されていると良いのですが何もありませんでした。風が強いときの雨などは内部へ雨水が入っていきます。
漆喰点検
屋根の形によっては漆喰工事でも足場が必要となることが良くあります。雨樋も点検しましたが金具がすべて腐食しており、本体の変形も見られました。
雨樋工事も高所作業なので足場を必要とします。25年くらいを目安に交換される方が多いのですが、今回の漆喰工事も寄棟の為足場を組んでの漆喰工事となりそうです。併せて雨樋の施工も行ったほうが別工事にするより圧倒的に安上がりになります。足場代も安くないものですからね。このように指定部位のみの点検にとどまらず確認できる箇所と劣化は点検の際にご報告させて頂いております。各種屋根・防水工事ご検討の方はお気軽に一度お問い合わせ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。