瓦屋根から雨漏れ~日本瓦~|半田市


日本瓦雨漏り
今回は日本瓦です。雨漏れに長年お悩みで都度業者さんの補修を行ってきた屋根です。形は寄棟。斜めに下っている隅棟からの漏水が案件としては多い屋根の形です。
日本瓦雨漏り
隅棟の様子です。雨が流れる部分なので劣化はどうしても進んでしまいます。瓦を伝う雨水がうまく下まで流れていくかもポイントです。
日本瓦雨漏り
実際に雨漏れが発生しているであろう棟の部分です。実はこの白く見える筋は全てコーキングなんです。そしてこのやり方はNGなんです。棟の内部に水の侵入を防げるよう密閉状態が永続的に続けばよいのですが・・・。
日本瓦雨漏り
コーキングは消耗品です。年々劣化が進みます。切れや痩せてしまう部分も出てきます。その隙間から入った雨水は出口がなく、棟の内部に溜まっていきます。
日本瓦雨漏り
この状態では水の侵入口を探すのがかなり困難な状態です。実はこのような施工はたまにあるんです。当社で改善するための工事と言えば「棟の取り直し」工事を行います。
日本瓦雨漏り
写真のように施工が甘かったり、コーキングが痩せてしまう部分が少なからず見当たるのでやはり胸の内部に雨水がたまっている可能性が非常に高いと思われます。
棟の取り直し工事とは簡単に言えば積み直しです。一度棟部分をすべて解体し、新しく積みなおします。その際に下地に防水シートを入れたり、棟の位置や高さを調整、或いは強力棟で金具固定の仕様にしたりと・・・。メリットは大きいのですがやはりそれなりの費用が掛かります。寄棟の建物で雨漏れにお悩みの方がいらっしゃいましたら点検依頼は常時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古瓦凍て

おなじみの瓦屋根根点検です。日本瓦は漆喰メンテナンスや浮きやズレを指摘されて心配になる方が多いですね。だいたいの場合は当社で点検に行くと大丈夫であることが多いのですが。今回は古瓦という事でご覧のような屋根です。今使われている瓦とは働き幅など...........

棟の取直し

名古屋市守山区で瓦屋根の棟取直し工事をやっています。去年の台風の際に雨漏れがあって街の屋根やさんに問い合わせがありました。4年程前に漆喰工事をやっていたみたいですが今回の台風で雨漏れが起きたみたいです。点検をした際に漆喰を塗り直しただけでは...........

棟の取直し 平板瓦

春日井市で屋根の補修工事をしています。屋根には平板瓦という瓦が使用されており今回は棟と呼ばれる屋根の面と面がぶつかる部分の補修を行いました。タイトルにある様に今回施工している中で屋根の中から鳥の巣が出てきました。