台風で被害拡大のまえに|半田市


トタン壁補修前
トタンの外壁です。以前当社で屋根の補修をさせて頂いた建物です。常用の建物ではない為簡易メンテナンスで済ませたいという意向もあり、最低限やっておいたほうが良い施工をご提案です。
トタン壁補修前
具体的には釘が抜けて浮いているトタンが捲れないように止めるというものです。しかしトタンの状態からも想像できるように下地の木がだいぶ傷んでいます。釘が効かなければお金をかけても同じことです。
トタン壁補修前
出隅角のトタンも斜めになりこの状態では吹き降りの時に中に水が入ってしまいそうです。下地の状態を確認したうえで新しいトタンでカバーする方法が良いと思います。
トタン屋根補修前
裏手の屋根も一部不具合があります。軒先まで伸びていない部分は下地に雨水が当たります。
簡易メンテナンスも確かに可能な場合は費用も押さえられ良いと思います。しかしメンテナンスができる条件が整ってこそのものです。屋根外壁のリフォームは下地状態もほぼ絡んできます。外からは見えない部分なので経験と知識に加え現場での可能な限りの点検作業が必須です。施工方法と見積りは皆さんが気になる事だと思います。建物の状態に不安がある方はお気軽に当社までご相談下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

日本瓦点検

築40年弱の瓦屋根です。台風の被害は幸運なことになかったようですが、近隣の被害状況を見て重い・古い屋根なので今後の為に点検を・・、との事で依頼がありました。実際に点検を始めると確かに被害は無いようでしたが・・。

棟瓦飛散

台風被害で瓦が落ちる事象がまだまだあります。工事がどこも込み合っていて工事ができない方が多くいらっしゃいます。当社も全力で対応していますがすべての方に均等な対応が難しい状況です。こちらはこの一番上の屋根から瓦が飛ばされました。

棟板金飛散

当ブログでも多く取り上げているこの棟板金の台風被害ですが、年が明けてもいまだご相談を頂きます。年内施工ができない方も多く、手が入れられなかったと思われますが台風からかなり時間も経っているので状態が心配です。