真夏の漆喰工事は暑(熱)い|半田市

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

漆喰劣化
切妻屋根の瓦屋根です。漆喰が転がって落ちてきたという話から点検となりました。切妻でも屋根が複数くっついた造りです。一部大きな寄棟も下屋根にあります。
漆喰劣化
瓦自体は問題なく、割れやズレはありません。落ちてきた漆喰の位置から棟下を覗いてみると、経年劣化による痛みが見られます。
漆喰劣化
こちらは変色しているだけの劣化ですが、何とか固いままで残っています。しかし部分的にひび割れたり、剥離している部分ははっきりと確認できました。
漆喰劣化
隅棟の先端です。下屋根にある寄棟ですね。漆喰の剥離は写真で見てわかると思います。さらに良く見ると先端から2コマ目くらいにある漆喰が斜めに塗ってあるように見えませんか?斜めです。通常は平らに、平行に、やや奥に施工します。結果雨水が当たり易く劣化しやすい状態となります。
漆喰劣化
屋根がいくつか繋がっているのでこのような「棟留め」があります。多くの場合は写真のように漆喰で蓋をしている形です。棟の中は土が入っています。この漆喰の劣化が進み剥離してしまうと雨水が棟内に当たり浸みていきます。
漆喰劣化
鬼瓦も全体に複数あります。半円状に施工してある漆喰は剥離しています。棟は屋根のてっぺんにありますよね。個の剥離下漆喰が屋根を転がって下まで落ちると結構な勢いになります。小石より小さいものくらいだと気づかないかもしれませんが、写真左側に見えるような少し大きめの欠片だと当たるとケガをするかもしれません。
今は梅雨時期で雨の日が工事できません。梅雨が明ければ夏本番です。漆喰工事はご存知の通り屋根の上で長時間施工します。日差しが強く暑い日は瓦が焼けるように熱くなります。写真で示したように棟の漆喰工事は屋根面に体をつけてかがんで施工します。この焼けるような暑さの瓦の上での長時間作業はやはり大変です。屋根の上を移動するときの立ち眩みも心配です。真夏の漆喰工事は時間制限があったり、作業できない時も状況によってはあり得ます。劣化の状態で早急な工事が必要か否かの判断も点検時にご案内が可能です。屋根の漆喰工事をまだされていない方、気になる方は当社へお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。