安城市で瓦屋根の漆喰工事を行っていきました。


今回は安城市で瓦屋根の漆喰工事を行ってきました。

屋根には棟と呼ばれる部位があり瓦屋根の場合
その棟下に漆喰を詰めて雨水の侵入を防いでいます。

漆喰は大体10年程で劣化が進行しひび割れや剥離がおこってきます。

瓦自体は焼き物ですので割れたりしない限りは
メンテナンスが必要ありません。

ですがこの漆喰はメンテナンスが必要で
ひび割れや剥離を放置しておくと棟瓦がずれてしまったり
最悪の場合雨漏りにも繋がってきてしまいます。

ですのでしっかりとメンテナンスしましょう。
424-2-columns2-overlay
415-1-columns2-overlay
漆喰の工事をする際、気を付けることは
古い漆喰は撤去し新しい漆喰を詰め直すという事です。

古い物の上から塗ってしまうと
見た目は綺麗になるのですが古い物が剥がれてきてしまったら
新しい物も一緒に剥がれてしまう可能性があります。

ですのでまずはこの様に古い漆喰は撤去していきましょう!
429-2-columns2-overlay
427-1-columns2-overlay
古い漆喰の撤去が完了したら
あとは新しい漆喰を綺麗に塗っていけば完成です!

最初にも言いましたが瓦自体は
メンテナンスがほとんど必要のない屋根材です。

ですがこの漆喰のメンテナンスを怠る事で
瓦がずれてしまったり崩れてしまう可能性が出てきます。

こういった場所のメンテナンスをしっかりしていけば
半永久的にもつ瓦屋根ですので。

しっかりとメンテナンスしてあげましょう!!!

屋根の事でお困りでしたらまずは

街の屋根やさん西三河店にご相談ください!!!

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........

漆喰 雨漏り

今回は安城市で漆喰の工事を行ってきました。瓦自体、焼き物なので基本的にはメンテナンスは必要ありません。ですが漆喰のメンテナンスはどうしても必要になってきます。そもそも漆喰ってどこにあるのか・・・こちらそれでは早速工事の様子をお伝えいたします...........

棟下漆喰①

豊田市で築40年の今まで一度も瓦屋根の補修工事を行っていないお客様の依頼で、今回初めて棟下部の漆喰が捲れて落ちてしまっていた事で屋根補修工事をさせて頂きました。