安城市でパミールが使用されていた屋根の防水シート張り


安城市で屋根の重ね葺き工事を行ってきました。

重ね葺き工事(カバー工法)とは

今ある屋根材の上から新しい屋根材を葺いていく工法で
葺き替えとは違い廃材の処理費、撤去費がほとんどかからず
お得にできます。

工期も早い為、人気の工法です!
今回使用した屋根材は
アイジー工業さんの【スーパーガルテクト】という商品です。

ガルバリウム鋼板が使用されており
中に断熱材が入っており表面には遮熱の塗装がしてあります。

保証もメーカーさんの方から穴あき25年間の保証書が
出る為、安心して使っていただける屋根材です。

アイジールーフには

・スーパーガルテクトフッ素
・スーパーガルテクト
・スーパーガルテクトC

3種類あり今回はその中でも
スーパーガルテクトを使用して施工させて頂きました。

今回はその工程の中の防水シートを張った様子をお伝えしていきます。
IMG_3919-1-columns1-overlay
こちらは施工前の写真です。

既存の屋根材はスレート屋根でした。
その中でもニチハさんパミールという商品が使用されていました。

パミールとはアスベストが禁止になった年に販売された屋根材で
強度が無くミルフィーユ状に剥がれてきてしまうという事で
問題になった屋根材です

塗装でのメンテナンスは出来ない為
重ね葺きか葺き替えでのメンテナンスになります。
34498-columns1-overlay
重ね葺き工事の際撤去するのはこの棟板金、貫板だけです。


34497-columns2-overlay
S__18440203-columns2-overlay
棟板金を撤去したらルーフィングを張っていきます。

このルーフィングは台風等の横殴りの雨等の時に
雨が屋根材の隙間から下へ侵入してしまう可能性があります。

雨水が侵入してしまうと下地に野地板がある為
水が当たると腐食してしまう可能性があります。

それを防ぐ為にルーフィングを張っていきます。

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_4237

今回は知多郡阿久比町でメンテナンス前の屋根点検を行ってきました。使用されていた屋根材はカラーベストでした。カラーベストとは・・・屋根材の一つでセメントを主な材料として薄い板状になっており軽くて耐久性が優れているのが特徴です。色等も豊富な為、...........

IMG_8587

今回は岡崎市で昨年屋根の重ね葺き工事をさせて頂いたお家の点検作業に行ってきました。屋根の重ね葺き工事とは今ある屋根材の上から新しい屋根材を葺いていく工法で葺き替えに比べて既存の屋根材を撤去・処分する費用がほとんど掛からない為お得にできる工法...........

IMG_7915

今回は岡崎市でスレート屋根の点検を行ってきました。スレート屋根は元々防水機能が無い為表面の塗膜が劣化し剥がれてくると水をどんどん吸い込んでしまいますので定期的なメンテナンスが必要になります。その塗膜が劣化する一番の原因は「紫外線」です。紫外...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660