安城市でパミールが使用されていた屋根の防水シート張り


安城市で屋根の重ね葺き工事を行ってきました。

重ね葺き工事(カバー工法)とは

今ある屋根材の上から新しい屋根材を葺いていく工法で
葺き替えとは違い廃材の処理費、撤去費がほとんどかからず
お得にできます。

工期も早い為、人気の工法です!
今回使用した屋根材は
アイジー工業さんの【スーパーガルテクト】という商品です。

ガルバリウム鋼板が使用されており
中に断熱材が入っており表面には遮熱の塗装がしてあります。

保証もメーカーさんの方から穴あき25年間の保証書が
出る為、安心して使っていただける屋根材です。

アイジールーフには

・スーパーガルテクトフッ素
・スーパーガルテクト
・スーパーガルテクトC

3種類あり今回はその中でも
スーパーガルテクトを使用して施工させて頂きました。

今回はその工程の中の防水シートを張った様子をお伝えしていきます。
IMG_3919-1-columns1-overlay
こちらは施工前の写真です。

既存の屋根材はスレート屋根でした。
その中でもニチハさんパミールという商品が使用されていました。

パミールとはアスベストが禁止になった年に販売された屋根材で
強度が無くミルフィーユ状に剥がれてきてしまうという事で
問題になった屋根材です

塗装でのメンテナンスは出来ない為
重ね葺きか葺き替えでのメンテナンスになります。
34498-columns1-overlay
重ね葺き工事の際撤去するのはこの棟板金、貫板だけです。


34497-columns2-overlay
S__18440203-columns2-overlay
棟板金を撤去したらルーフィングを張っていきます。

このルーフィングは台風等の横殴りの雨等の時に
雨が屋根材の隙間から下へ侵入してしまう可能性があります。

雨水が侵入してしまうと下地に野地板がある為
水が当たると腐食してしまう可能性があります。

それを防ぐ為にルーフィングを張っていきます。

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5307

豊田市で葺き替え工事を行っています。屋根の葺き替え工事は今ある屋根材を撤去し新しい屋根材を葺いていく工法です。今日は古い屋根材を撤去していく作業を行いました!!!

S__18440203

今回は前回、重ね葺き工事(カバー工法)で防水シートまで張り終えたお家の新しい屋根材を葺いていきました。重ね葺き工事とは・・・既存の屋根材の上から新しい屋根材を葺いていく工法です。葺き替え工事と比べて既存の屋根材を撤去する処分費と手間費がほと...........

IMG_6645

今回は岡崎市でスレート屋根の点検を行ってきました。ご依頼の内容は前回の塗装でのメンテナンスから13年経ち屋根材の劣化、色褪せが気になるから見て欲しいとの事でした。屋根のメンテナンスは塗料の種類にもよりますが10年です。今回は今の屋根材を塗装...........