オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市で築20年以上経った瓦屋根の点検を行ってきました。


今回は安城市で築20年以上経った瓦屋根の点検を行ってきました。

瓦屋根はメンテナンスは必要ない!!!
というお話を聞いた事ある方もいると思いますがその通りではありません。

瓦自体は焼き物ですので他のカラーベスト等と違い
塗装でのメンテナンスは必要ありませんし
割れたりしてもその部分の差替えが可能ですので
瓦自体はメンテナンスにあまり費用の掛からない屋根材です。

ですが漆喰等のメンテナンスは必要になるので
屋根自体のメンテナンスが不要という訳ではありません。
屋根点検
屋根点検
瓦自体で多い不具合はズレや浮き、割れがあります。

多少のズレ等でしたら問題は無いのですが
大きくズレ等があると補修では直す事が出来ず
屋根全体を直す「葺き替え工事」が必要になる可能性があります。

葺き替え工事をするメリットもあり
屋根が軽くなったり下地の状態も目視出来たり安心できます。

ただ補修よりも費用、日数が掛かってしまいます。

ですのでそちらもふまえてご検討下さい。
屋根点検
屋根点検
屋根の頂上には棟という部位があり
その下には漆喰が詰められています。

その漆喰が年数が経ってくるとひび割れ下へ落ちてきてしまいます。

その状態を放置しておくと中の土が雨と一緒に流れたりして
棟瓦のズレや崩れに繋がってきてしまいます。

また土ですので水を吸い込み雨漏りの原因にも繋がってくる可能性があります。
屋根点検
鬼瓦の廻りにも漆喰が塗られています。

棟下の漆喰よりも剥がれやすく落下してきます。

昔は漆喰で施工していましたが、今はシーリングで廻りを施工する事が主流です。

水の侵入を防げる事はもちろん、漆喰と違い剥がれて落ちてくる事もありません。

ですがシーリングも永久物ではありませんので
定期的なメンテナンスは必要になります。


同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

シーリング工事 完成

今回、豊田市で外壁の塗装工事を行っています。外壁塗装を行う際、ただ塗料を塗っていけば良いという訳ではなく不具合(外壁材のひび割れ・目地やサッシ廻りのひび割れや切れ等・・・)を直してから塗装して行かないとひび割れ等はそのまま残ってしまいせっか...........

屋根点検 全体

今回は豊田市で瓦屋根の点検に行ってきました。瓦屋根はメンテナンスが必要ない!と思っている方も少なくはないと思います。本当に瓦屋根はメンテナンスが必要ないのでしょうか???

かわらU

岡崎市にて屋根の点検を実施してきました!!!屋根材にはさまざまな種類のものが存在しています。例えば瓦とかスレートとか板金屋根とか・・・物によってメンテナンス方法が大きく変わり、瓦は塗装工事を行う事ができないため、その代わりに漆喰というものが...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660