オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市でスレート屋根の点検を行ってきました。


今回は安城市でスレート屋根の点検に行ってきました。

スレート自体は元々防水機能は無く
表面の塗膜が無いと水をどんどん含んでしまいます。

水を含み、天気の良い日に乾燥しまた含みと繰り返す事によって
屋根材が反ってきてしまったりそれに耐えきれなくなり
割れてしまう可能性があります。
その様な不具合から雨漏りに繋がる可能性もある為
しっかりと点検、適切なメンテナンスを行っていきましょう!!!
IMG_1088-columns1
早速屋根に上がって点検して行きます!!

スレート屋根のメンテナンス目安は10年です。
10年で絶対に不具合が起きるわけではありませんが
表面の塗膜が劣化し不具合が起きてくる可能性が高いです。
IMG_1092-2-columns2
IMG_1093-2-columns2
近くで見ていくとこの様に表面の塗膜が劣化し
粉を吹いている状態でした。

こちらは紫外線によって塗膜が破壊され、分解されたことによって
この様に見えてしまいます。

屋根は他の部位に比べ、日が当たる部位になりますので
劣化の進行も早い部位です。

またご自分で見る事はなかなか難しいので
そういった時はお任せください!!!
IMG_1090-1-columns2
IMG_1096-2-columns2
点検を続けていくと・・・・

棟板金にへこみ、屋根材に割れがありました。

棟板金とは屋根の頂上にある「棟」という部位に
被せてある部材で、台風等の強い風の時は
この棟板金が飛散するという被害がとても多く出ました。

屋根材の割れを放置しておくと
下には防水シートがある為すぐに雨漏り!という訳ではありませんが
防水シートも永久物ではありません。
雨漏りに繋がってしまう可能性がある為、早めに直しておきましょう!!
IMG_1091-columns2
IMG_1086-1-columns2
スレート屋根のメンテナンス方法は大きく分けて3つあります。

①既存の屋根材を塗装していく・・・塗装工事

メリット:費用が安く抑えれる。工期が早く終わる。
デメリット:既存の物をそのまま使用するので下地が悪いと施工不可。

②既存の屋根材の上から新しい屋根材を葺いていく・・・重ね葺き工事(カバー工法)

メリット:葺き替えと違い廃材を撤去する手間費、処分費がほとんど掛からない為
     安く新しい屋根材に変えれる。
デメリット:既存の屋根材の上から施工していく為、下地の状態を目視出来ない。
      下地が腐食していると施工不可。

③既存の屋根材を撤去し新しい屋根材を葺いていく・・・葺き替え工事

メリット:下地の状態を確認後、新しい屋根材に変えれる。
デメリット:費用が高い


この様なメンテナンス方法があります。
屋根の事でお困りでしたら街の屋根やさん西三河店へご相談ください!!!
見積もりは無料です。

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

外壁塗装 外壁

今回はみよし市で外壁の塗装工事を行ってきました。ご依頼の内容は・・・前回塗装してから15年程経っているのでそろそろ・・・というご依頼を頂きお伺いしてきました。外壁塗装を行う目安は10年です!その他にもチョーキングやコケやカビの付着目地やサッ...........

屋根点検 棟瓦

今回は岡崎市で瓦屋根の点検を行ってきました。瓦自体、メンテナンスは不要なのか???屋根自体がメンテナンス不要なのか???瓦自体は焼き物ですので他の屋根材と違い塗装でのメンテナンスは必要ありません。割れたりかけたりしてもその部分での差替えが出...........

パミール

今回は豊田市でスレート屋根の点検を行ってきました。皆様、パミールという屋根材を知っていますか??パミールとは・・・1996年から2008年まで販売されていた屋根材でアスベストの使用が禁止された時期に開発されたノンアスベストのスレートです。現...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660