オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市でカラーベストの屋根点検!縁切り?雨漏り?


今回は安城市でカラーベストを使用した屋根点検を行ってきました。

カラーベストとはセメントと樹脂をあわせプレスした屋根材です。

劣化状態は
・塗膜の褪色(色褪せ)
・屋根材の反りや浮き、割れ

この様な劣化状態があります。

表面の塗膜が劣化し剥がれてくるとこの屋根材自体は
防水機能は全くない為、水をどんどん吸い込んでしまいます。

屋根材が水を含むことによって
乾燥し水を含む事を繰り返す事によって
屋根材の浮きや反りに繋がってきます。

ですので定期的な屋根のメンテナンスが必要になり
目安は10年です!!!
IMG_0928-columns2
IMG_0936-e1575531582589-columns2
早速屋根に上がって点検して行くと
カラーベストにひび割れ・塗膜の剥がれがありました。

塗膜が剥がれた場所は放置しておいても
直る事は無い為、メンテナンスして行かなければいけません。


カラーベストを塗装でメンテナンスする際

「縁切り工法」が必要になります。
※形状・状態によって必要ない、出来ない物もあります。

カラーベストは下から半分以上重なって葺いてあります。

そのまま塗装してしまうと繋ぎ目の部分が
塗膜で埋まってしまいます。

そうすると水の抜け道が無くなり
そこに水が溜まり雨漏りに繋がってくる事があります。

それを防ぐ為、塗装をする前に今は「タスペーサー」という
部材を差し込んで塗装していきます。

そうする事によって人工的に水の抜け道を作る事が出来ます。
IMG_0932-columns1
屋根の頂上には「棟」という部位があります。

カラーベストの場合棟には板金が被せ施工してある事がほとんどです。

板金ですので塗膜が剥がれてくるとサビて来たり
昨年の台風で多かった被害がこの棟板金が飛散してしまう被害が多かったです。

板金の下には貫板という木がうってあり
板金はその木に釘で留めてあります。

年数が経ってくると建物の揺れ等によって
釘が浮き、そこから雨水が侵入し木を腐食させてしまう事があり
板金の飛散に繋がってしまいます。
IMG_0927-columns2
IMG_0937-e1575531599378-columns2
この様に釘が浮いてきてしまいます。

差し込むだけは簡単ですが
一度広がった穴は閉じないのでまた浮いてしまう可能性は高いです。

心配な方は下地の木を樹脂製の「人工木」に交換し
板金を新しく交換することをお勧め致します。
IMG_0931-columns2
IMG_0943-columns2
雨樋やその後ろの鼻隠し板という部位も
塗装でのメンテナンスが必要な箇所になります。

一度足場を建てるだけでも20万~30万程の費用が掛かります。

ですので一度足場を建てたら足場が必要なメンテナンスは
まとめてやった方が無駄にならない為
その様な提案をしてもらいましょう!!!

屋根・外壁でお困りでしたら街の屋根やさん西三河店へご相談ください!

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660