オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市で築20年以上たったカラーベストを使用した屋根の点検


今回は安城市でカラーベストを使用した屋根を点検してきました。

カラーベストとはセメントと樹脂をプレスした屋根材になります。

スレートやコロニアルとも呼ばれていますが
それは商品名だったりし呼び方の違いで
材質の違いはほとんどありません。

この屋根材は定期的なメンテナンスが必要な屋根材で
メンテナンスを怠ると屋根材の浮きや反り・割れに繋がり
最悪雨漏りにも繋がる可能性があります。
dee18ecd09ebaf7bc1c14bc037fda30b-columns2
4ebd9b479eebaf0475092aeb428510c6-columns2
早速屋根に上がって点検して行きます!!

皆様、カラーベストのメンテナンスの目安は何年かご存知ですか?

新築の場合は建ててから10年が目安です。

10年ぐらい経ってくると表面の塗膜が褪色(色褪せ)したり
主に北面にコケやカビ、藻等が付着してきます。

コケやカビ、藻の付着の原因は
塗膜が劣化してくる事により屋根材が水を含んでしまうので
付着の原因になります。
陽が当たらないので余計に付着しやすいです・・・
c98035b3d24a0ffbe24223de95b29c8a-columns2
0b5ab6996ce12a9f9dbe578cc5e0e2b7-columns2
この様な板金部分にも塗装が必要です。

板金にも塗装がされており表面の塗膜が
劣化してくることにより剥がれその部分がサビてしまいます。

一度サビてしまった場所は放置しておいても
勝手には元には戻りません。

むしろ悪化していく一方で
最悪の場合穴が空いてしまいます。

穴が空いてしまうと塗装では対処が出来ず
その部分の取替えが必要になり余計な費用が掛かってしまいます。

ですので早めのメンテナンスとは
その様な意味があります。

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660