オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市でALCを使用したの外壁から雨漏りがあり現地調査


今回は安城市でALCを使用した外壁の点検を行ってきました。

ご依頼の内容は
外壁から雨漏りがあるので1度見て欲しいというご依頼内容でした。

まずALCという外壁材は何でしょう??

ALCとは・・・

autoclaved light weight concrete の略で
軽量気泡コンクリートです。

工場でセメントに発泡剤を加えて、高温高圧の状態で
養生された外壁材です。

耐火性、防火性、強度等に強く優れた外壁材ですが
水に弱い為、表面の塗膜が劣化する事により
水を含んでしまったり、板と板の繋ぎ目の目地から
水が侵入してしまう恐れがあるので定期的なメンテナンスは必要になります。


541ea021f1ae29d55c77ed3f202984dc-columns2
1628fa6d6d03167be2de75d747580cf0-columns2
まず外壁の1番の劣化原因「チョーキング」を皆様は知っていますでしょうか?

チョーキングとは右のお写真の様に
外壁を手で触るとチョークの粉の様な物が付くことを言います。

ガードレールを触ってしまった時付く現象と同じです。

何故、このチョーキングという現象が起こってしまうのか・・・

このALCには元々表面に塗装がしてあり
その塗膜で水や紫外線から守っています。

それが紫外線によって破壊され分解されることによって
この様な現象になってしまいます。

このチョーキングは塗装の時期に来た1番わかりやすいサインです。
皆様も1度ご自分の家で試してみてください。
5dd069b7be33dd751a300de311553d4b-columns2
eee4f3d6c2cf759f1d1d095f4638b668-columns2
ALCの雨漏り原因で多いのは「目地」の切れやひび割れからの侵入です。

目地とは外壁材の繋ぎ目の事を指し
そこにはゴム状の様なコーキング(シーリング)が打ってあります。

コーキングも永久物ではなく年数が経ってくると
紫外線や建物の揺れ等によって切れやひび割れが発生してくるので
メンテナンスが必要です。

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660