今の外壁の上に板金を重ねて張る事が出来ます|安城市


安城市で外壁の重ね張り(カバー工法)工事をしました。

屋根にもカバー工法がありますが、外壁も同じようにカバー工法があります。
既存の外壁材をめくらなくて良いので工期も予算も大幅に削減できます。

今の下地の状態によってカバー工法をご提案する事が出来ない場合もありますが、
下地の状態に問題が無ければ外壁のカバー工法をご検討下さい。

外壁重ね張り工事 カバー工法
こちらが施工前の写真です。

表面の塗装が褪色して褪せており所々塗膜が剥がれていました。
防水性が低下しており塗装をしても吸い込みが激しく、
塗膜の早期的な剥がれが懸念されたので今回は外壁の重ね張り工事【カバー工法】をご提案しました。

外壁重ね張り工事 カバー工法
まず外壁に防水シートを貼ります。
その上に新たな外壁を留める為の下地となる胴縁を取り付けて行きます。

外壁重ね張り工事 カバー工法
下地が取付け終えたら新たな外壁材となる板金外壁を貼っていきます。

雨戸やサッシ等の開口部があるので、ぴったりと合う様に加工をしていきます。

外壁重ね張り工事 カバー工法
最近では角波といったデザイン形の外壁材が増えています。
この写真の物よりも線の細いストライプ状の外壁材もあります。

外壁の素材はSGL鋼板と言い
従来のトタンやガルバリウムよりも耐久性が高くサビが出にくい物が主流となっています。

カバー工法をする事によって、今よりも断熱性・遮音性に優れます。

塗装をするよりもメンテナンスが楽になるのでお勧めです。

外壁に関しても街屋根では専門でやっております。

何か分からない事があればお気軽にお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

サイディング 目地の打ち替え

日進市で外壁サイディングの目地の打ち替え工事をしています。前回までの工事の内容はこちらからサイディングの目地の打ち替えの様子|日進市今回は打ち替えの流れをご説明させて頂きます。

古瓦

岡崎市にて日本瓦とトタンの外壁の点検です。築年数がだいぶ経っている平屋造りの建物ですが古瓦でした。中深瓦とも言い、現在使われている一般的な瓦より寸法が小さいものです。