オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市で屋上防水の劣化により雨漏り


今回は安城市で屋上防水の点検に行ってきました。

屋根がフラットな陸屋根という形状の屋根には
防水で施工されているお家がほとんどです。

防水にも色々な種類があり
・シート防水
・ウレタン防水
・FRP防水

様々種類がありメリット・デメリットもあります。

既存の防水との相性やその場所の使い方によっても
提案が変わってくる為、工事前にしっかり点検してもらいましょう。
IMG_8005-1-columns2
IMG_8004-columns2
今回使用されていた防水はシートを全面に貼っていく
シート防水でした。

シート防水の中でもゴムシート防水で
メンテナンスの目安は10年~15年です。

そもそも何故、防水工事が必要なのでしょうか?

屋根には様々な形状がありどの部位よりも雨を受けます。

皆様がご想像される屋根は勾配があり受け止めた雨水を
雨樋へ誘導し地上へ排出していると思いますが

マンションや戸建てにも陸屋根には勾配がほとんどありません。

陸屋根は勾配のある屋根に比べ水が溜まりやすく
排出性が低くなってしまいます。

結果雨漏りのリスクも高まる為
建物内への雨水の侵入を防ぐ為に防水工事が必要になります。
シート防水が雨漏りする一番の原因は
シートの切れです。

シートに切れがあると防水層をくぐり
室内へと侵入してしまう為、直接雨漏りに繋がってしまいます。

また雨を受けるドレンに詰まりなどがあると
こちらも雨漏りの原因に繋がる為、要注意です。
IMG_8008-columns2
IMG_8010-1-columns2

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660