安城市で和風住宅[寄棟]の棟カワラの撤去をしました


安城市で築15年の和風住宅の棟瓦の撤去を行いました。
撤去をすることになった原因は桟瓦(さんがわら)に棟のシックイが流れてこびりついていたので
棟に水が浸入していると確信し棟瓦の撤去を行いました
棟撤去1
和風の寄棟屋根です。
隅棟の下の桟瓦にシックイが全体に
流れてこびり付いていました。

棟撤去2
やはりこのシックイの流れ方はおかしい
と思い棟に水を掛け撤去する決断をくだしました。
棟撤去3
のし瓦3段・亀伏間1段の計4段を撤去しました。
写真で見て解かるように亀伏間(伏間瓦の仲間になりますが、帯は無くて中央が山なりに膨らんでいて亀の亀の甲羅のように見える瓦)と
天熨斗瓦(棟に積まれたのし瓦の内、一番上の段の熨斗瓦)の葺き土は乾いていて水が浸入した形跡が見えませんでした。
棟撤去4
この写真は割熨斗と台熨斗(棟の施工で最初に積む熨斗瓦)
です。
葺き土に水が浸入していました。
この原因を考えてみると熨斗の勾配が通常より付いていなくて熨斗瓦につたった水が外に出ずに棟の芯に流れたのが原因でした。
棟撤去5
さあー。
原因が解かったので全部の棟瓦を撤去します。
熨斗瓦と亀伏間は既設を使用しますのでこの様に綺麗に並べ置き葺き土だけを撤去しました。
この施工方法にしますと使えない瓦の補充のみとなり瓦代金がお安くなります。

「あれ、うちの屋根おかしい」と思われた方お気軽に下記のフリーダイヤルへ

街の屋根やさん西三河店   「0120-947-660」


       スタッフ一同こころよりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

空気層による屋根の長寿命化/結露防止、湿気、熱気を排出/知立市

セキスイかわら
ワンタッチ ニスクフロン
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ワンタッチニスクフロン ブラックパール
築年数
築40年
建坪
24坪
保証
雨漏り10年保障
工事費用
136万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古瓦凍て

おなじみの瓦屋根根点検です。日本瓦は漆喰メンテナンスや浮きやズレを指摘されて心配になる方が多いですね。だいたいの場合は当社で点検に行くと大丈夫であることが多いのですが。今回は古瓦という事でご覧のような屋根です。今使われている瓦とは働き幅など...........

ROOGA 雅 葺き替え

今回は豊田市で屋根の葺き替え工事を行ってきました。使用した屋根材はKMEWのROOGA【雅】です!ROOGAとは???

DSCN0522

こんにちは、今回の現場は、知多市で、一部葺き替え工事をさせて頂きました。二階建ての下屋部分の、両サイドに谷を抱えて、突き出た部分です。雨漏れが有り、漆喰の劣化も進み、瓦じたいも葺き土と共にずれて来ています。