平板瓦の漆喰リフォーム|安城市


平板瓦漆喰等劣化
寄棟の大きめの屋根です。谷部分もあり換気棟も雪止めも設置されています。造り、瓦ともに問題はありません。漆喰の状態を各棟チェックしていきます。
平板瓦漆喰等劣化
日本瓦のように何段も積んである棟ではなく、平板瓦は冠瓦一つで被せてあります。天辺を釘打ちで内部の垂木に固定していますが、経年でこのように釘浮きが生じます。風で煽られたり、生活の中での揺れなどほんの少しずつ浮いてきます。釘穴から雨水が入るので打ち直しておいたほうがよいですね。
平板瓦漆喰等劣化
棟下の漆喰です。平板瓦は日本瓦ほど漆喰の露出が少ないです。使ってある漆喰もなんばん漆喰というもので固いものですが時によりこんな風に割れ落ちらりひびが入ります。
平板瓦漆喰等劣化
棟の釘浮きが瓦の動きによっておこると言いましたが、漆喰のダメージも瓦の動きがダイレクトに漆喰に伝わる為割れてしまう事があります。
平板瓦漆喰等劣化
表面が落ちると徐々に削れていくような状態で進行していきます。雨水が入り込まないように、かつ瓦の支えになっているものが無くなってしまうとより瓦の動きが生じます。
平板瓦漆喰等劣化
谷板金に関してはカラー鋼板でした。ステンレスやガルバリウムが材料だと良いのですが銅板や鉄板は錆びて朽ちてしまったり穴あきがあります。今回は錆もなく穴あきもありませんでしたが、屋根メンテナンスのサイクルを考えると漆喰と一緒に板金交換をしておいたほうが良いと思います。
この寄棟の形では漆喰工事でも足場を必要とします。平板瓦の漆喰工事は瓦を解体する為、足場のない中で瓦や漆喰・土が落下しては危険です。安くない足場工事ですが、安全管理の面ではどうしても必要な工事です。寄棟屋根、漆喰その他各種屋根工事をご検討の方は足場工事もあるとお考えいただきながら検討して頂くほうが良いと思います。しかし、平屋や2階建てなどによっても変わるケースもあります。気になる方は一度お気軽にお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f0861b135e2480938d528f99e8677c33

今回は刈谷市で飛散してしまったスレート屋根の補修を行ってきました。スレート屋根は瓦に比べるとカラーバリエーションが豊富で費用も安く、施工も早く行うことができます。ですが強度が劣る為、台風等の強い風の時に割れやすく飛散してしまう可能性がありま...........

IMG_0584

豊田市で強風により浮いてしまった笠木の板金を下地を人工木、笠木をガルバリウム鋼板に交換する工事を行いました。年数が経ってくると板金を留めている釘が建物の揺れ等によって浮いてきてしまう事があります。一度浮いた釘、開いてしまった釘穴は放置してお...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........