平板瓦の漆喰リフォーム|安城市

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます】
  台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。
関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。
現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。
皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

平板瓦漆喰等劣化
寄棟の大きめの屋根です。谷部分もあり換気棟も雪止めも設置されています。造り、瓦ともに問題はありません。漆喰の状態を各棟チェックしていきます。
平板瓦漆喰等劣化
日本瓦のように何段も積んである棟ではなく、平板瓦は冠瓦一つで被せてあります。天辺を釘打ちで内部の垂木に固定していますが、経年でこのように釘浮きが生じます。風で煽られたり、生活の中での揺れなどほんの少しずつ浮いてきます。釘穴から雨水が入るので打ち直しておいたほうがよいですね。
平板瓦漆喰等劣化
棟下の漆喰です。平板瓦は日本瓦ほど漆喰の露出が少ないです。使ってある漆喰もなんばん漆喰というもので固いものですが時によりこんな風に割れ落ちらりひびが入ります。
平板瓦漆喰等劣化
棟の釘浮きが瓦の動きによっておこると言いましたが、漆喰のダメージも瓦の動きがダイレクトに漆喰に伝わる為割れてしまう事があります。
平板瓦漆喰等劣化
表面が落ちると徐々に削れていくような状態で進行していきます。雨水が入り込まないように、かつ瓦の支えになっているものが無くなってしまうとより瓦の動きが生じます。
平板瓦漆喰等劣化
谷板金に関してはカラー鋼板でした。ステンレスやガルバリウムが材料だと良いのですが銅板や鉄板は錆びて朽ちてしまったり穴あきがあります。今回は錆もなく穴あきもありませんでしたが、屋根メンテナンスのサイクルを考えると漆喰と一緒に板金交換をしておいたほうが良いと思います。
この寄棟の形では漆喰工事でも足場を必要とします。平板瓦の漆喰工事は瓦を解体する為、足場のない中で瓦や漆喰・土が落下しては危険です。安くない足場工事ですが、安全管理の面ではどうしても必要な工事です。寄棟屋根、漆喰その他各種屋根工事をご検討の方は足場工事もあるとお考えいただきながら検討して頂くほうが良いと思います。しかし、平屋や2階建てなどによっても変わるケースもあります。気になる方は一度お気軽にお問い合わせください。

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋腐食

雨樋からの水漏れ、しかも結構な量との事で点検に来ましたが地上からでも劣化がはっきりわかりました。細部点検の為はしごを登り、見てみるとジョイント部分が劣化・腐食しています。なぜこのようになるのか。接合部は接着剤で固定してあります。経年とともに...........

U瓦と瓦棒屋根

今回はスレートのU瓦などの屋根点検です。東西面が狭く足場の組み立てが困難そうです。点検の屋根面は南側にありました。手前の色が剥げている瓦がU瓦でその先に板金の瓦棒屋根があります。

谷板金雨漏れ

今回は室内から雨音が聞こえるとの事で瓦屋根の点検です。屋根に上がる前に室内の天井裏を確認したところ梁と垂木に雨染みが確認できました。屋根瓦はいぶし銀のきれいなものです。