オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市でカラーベストと外壁の点検に行ってきました


スレート劣化
安城市にやってきました。カラーベストとサイディングの診断です。築年数25年ほど、ノーメンテナンスでした。タイミングを失うとなかなかリフォームも手につかないものです。カラーベストのようなスレート屋根はメンテナンスされていないと割れや反りが進行していきます。
スレート劣化
板金役物も褪色して元々の色が分からなくなっています。もらいサビもでており全体的にメンテナンスが必要と思われます。
スレート劣化
屋根面にはこのような黄カビが多く発生しています。また、歩いてみると不安げな軋み音が鳴ります。やはり板反りはだいぶ進行していました。 
スレート劣化
このカラーベストの厚みはわずか。5.5㎜です。塗膜が無くなるとカビが発生したり、変形や割れなどが次々に起こり得ます。
サイディング劣化
続いて外壁を見てみるとチョーキングが見られます。屋根同様に保護するべき塗膜が無くなってしまうと美観を損ね、再質の劣化が進んでいきます。
サイディング劣化
塗膜がない為に苔の発生も進行しています。水をかけても落ちることなく、高圧洗浄やこすり洗いでやや除去できるという状態です。外壁材に対して劣化を進めるわけではないですが、コケやカビは美観を多く損ねてしまいます。こういった個所が多く目立つと訪問販売の方は声をかけてきます。
サイディング劣化
外壁の目地シーリングです。経年の劣化によって切れています。切れの隙間はわずかなものですが隙間となっていれば雨水などは入ってきます。
サイディング劣化
シーリング切れの拡大写真です。目地などは普段ぱっと見で気付くことはほとんどないと思います。私たちは診断業務を日々行っているので意識してチェックします。塗装工事が必要ではないか、と思われる建物ではほぼこのように劣化していることがほとんどです。
雨戸褪色
屋根や外壁以外にも付帯部分もしっかり確認します。雨戸も常に日にさらされているので褪色が進みます。ベランダに出た時にでも触ってみてください。チョーキングが出ているときは塗り替え時期であるサインです。
ベランダ笠木劣化
ベランダには手摺がありますがその下の「笠木」という部分です。珍しいことに石膏のような材質でできていました。アルミや板金で造ってある事が多いのですが今回は御覧の状態です。塗装が弱くなり、雨水を受けて脆くなった箇所がはがれてそれが進行中・・・、という状態です。これはそのままにしておくとそのうち無くなってしまうし、この状態で塗装もお勧めできません。新しく笠木を作る方向で考えていくようになりそうです。
今回は屋根の反りも多く出ており、ごみを出さずに新しい屋根にするカバー工法での提案と、外壁塗装、ベランダ笠木の新設等の形でお見積りとなります。私たち点検後の所見報告を毎回行っており、お客様からのリクエストも交えつつお見積もりをしています。一方的な提案だけで工事の押し売りや契約を急かす様なことは一切ありません。お金のかかる外回りの工事ですので「やってよかった」と言われる内容の提案と施工を行っています。梅雨の時期で住宅の心配事が出てくる方もいらっしゃると思います。屋根工事や塗装・防水工事でお悩みの方は是非一度お問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟下漆喰

岡崎市にて棟からの雨漏りが発生中だった為、棟下の漆喰工事を行いました。雨漏りは、発生している箇所の真上から発生する事が多いです。しかし、柱や垂木を走って、部屋の奥や電線を通る事もあるので注意が必要です!!基本的に電線は保護ラバーで巻いてある...........

谷板金交換

みよし市にて谷板金の交換工事がスタートしました!!!谷板金とは・・・屋根の折り目部分に、雨の通り道を作る為に置かれる板金材です。この谷板金に昔は銅板が使われるのが一般的でした。しかし、銅板を使うと経年劣化によって、大きな穴が開いてしまいます...........

棟板金

刈谷市にて台風の被害によって飛散してしまった棟板金の状態を確認する為に、現地調査に行ってきました。棟板金とは・・・スレートや板金の屋根材の場合に屋根の山部分に雨の侵入を抑える為につけられる板金の事です!!この棟板金は、中に貫木という昔では木...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660