台風の風の強さは怖い。重い瓦も飛んでしまう!|安城市


棟瓦台風被害
今回の瓦屋根修繕も寄棟の瓦です。平らな部分の瓦が飛ぶ被害もあれば棟が飛ぶこともあります。何もなければこのように整然ときれいに葺いてある瓦ですが・・・。
棟瓦台風被害
台風により棟瓦が飛んでしまいました。見てわかるように先端に近い軒先です。当然落下して粉々になってしまいました。幸い敷地内駐車場に落ちて、尚且つ外出中であった為に大きな被害は出ませんでした。
棟瓦台風被害
棟が取れてしまったので下地と漆喰が心配です。この点検時は養生を応急で行いました。
棟瓦台風被害
あまり長期間放っておくわけにはいきません。瓦の在庫さえあれば修繕可能ですが、自宅に予備瓦はありませんでした。
棟瓦台風被害
瓦は釘で留めてあります。木下地の垂木に漆喰が両サイドから施工してあります。水に当たりすぎると変色の後に脆くなり崩れてしまいます。
棟瓦台風被害
無事だった瓦を脱着しどのメーカーの瓦かチェックします。裏面にこのような刻印がほとんどの場合確認できます。似たような瓦の形は非常に多くありますが、同メーカーのものであれば合致します。
瓦の差し替えで注意しなければいけない事は、写真のようにメーカーが確認できて現在も流通しているものであればいいのですが、廃盤になっている瓦も結構あるものです。そのメーカーの後継品等があれば寸法も合うかもしれませんが、そうでない場合は瓦の詳細寸法を測り同型に近いものを施工します。1㎝違いだけでも収まらなかったり、隙間ができてしまいます。たかだか瓦一枚の事でも足場が必要な時もしばしばです。現地の確認を行ったうえで見積もるとそれなりのものができますが、現場を見ないと後から追加工事ともなりかねません。瓦屋根で心配事や不安がある方はお気軽に当社までお問い合わせください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f0861b135e2480938d528f99e8677c33

今回は刈谷市で飛散してしまったスレート屋根の補修を行ってきました。スレート屋根は瓦に比べるとカラーバリエーションが豊富で費用も安く、施工も早く行うことができます。ですが強度が劣る為、台風等の強い風の時に割れやすく飛散してしまう可能性がありま...........

IMG_0584

豊田市で強風により浮いてしまった笠木の板金を下地を人工木、笠木をガルバリウム鋼板に交換する工事を行いました。年数が経ってくると板金を留めている釘が建物の揺れ等によって浮いてきてしまう事があります。一度浮いた釘、開いてしまった釘穴は放置してお...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........