オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

下屋根から雨漏りが発生!屋根と壁との取り合いに問題が?安城市



安城市にて下屋根からの雨漏りが発生していたので、
至急現地調査に行ってきました!!

雨漏りは、家のどこからでも起きる可能性があり
特に発生しやすい部分として、屋根が挙げられます。

大屋根や下屋根は、紫外線はもちろん
雨にも当たりやすく、劣化スピードもかなり速いです。

屋根材が瓦であれば、屋根材自体が劣化することはありませんが
漆喰や棟緊結線などが劣化していきます。

他の板金屋根やスレート屋根は屋根材自体が劣化するので
定期的な点検を行っていきましょう!!

まずは、雨漏りの可能性のある箇所は・・・

瓦棒屋根
瓦棒屋根

下屋根にベランダが乗っていました。

このベランダは一昔前に、とても流行したもので
いろんな住宅に乗っています。

しかし、このベランダはかなりの重量があるため
屋根材の劣化につながることが多々あるので
注意が必要です。

稀に屋根材がその重みによって変形してしまう可能性もあるので
注意がとても必要です!!

瓦棒屋根
瓦棒屋根

他にも雨押え板金を上から取り付けて
雨を当てないようにすることもできます。

条件によってもできない場合もありますが
基本的に雨押え板金からの雨漏りであれば
抑えることができます。

瓦棒屋根
瓦棒屋根

よく見てみると屋根材と雨押え板金に
防水シートが張り付けてありました。

ここは本来、塞いではいけない部分であり
水がもしこの中に入ってきていても
抜け道がありません。

雨漏りの原因としてよく発生するのは
この抜け道として作られている隙間をふさいでしまうことです。

本来であれば、外に出てくるはずのものが
出口がふさがっているせいで、出てこれなくなるという状態になってしまいます。

なので、闇雲に隙間をふさぐというのはやめましょう!!

瓦棒屋根
瓦棒屋根

他にも細かい部分として
雨押え板金が変なところで、塞いであったり
重なりが必要な部分で、重なり合っていなかったりと
荒い施工が見受けられました。

外回りの工事は、お客様が常に見ていられるような工事が
あまりありません。

なので、信頼施工になってしまいます。

だからこそ信頼できる会社・安心できる会社に
工事をお願いするようにしましょう!!

その時は、ぜひ一度街の屋根やさん西三河店まで
御連絡ください!!

見積り・点検はいつでも無料です!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

天窓

雨漏り被害でもっとも発生源となる部分とは!?今回のお問い合わせ内容は・・・「建てて20年ほどになるが、一度もメンテナンスをしたことがいない。一度実際に屋根に登ってみてほしい」との事でした。今回の屋根材はアーバニーという屋根材でした。アーバニ...........

スレート屋根点検

スレート屋根の場合の点検必須項目ってなにがあるの???今回のお問い合わせは・・・「屋根材がスレートなんだけど、メンテナンスってなにが必要なの?」という事でした。スレート屋根は瓦や板金材と違って、そこまでの耐久はありません。なので、放置し続け...........

スレート屋根

スレート屋根を長期間持たせる方法って何かあるの!?今回のお問い合わせは・・・「屋根がスレートだからメンテナンスをした方がいいのか?」との事でした。屋根材にはさまざまな種類がありその種類によってメンテナンス方法が大きく変わります。今回は、今で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660