オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

安城市にて屋根・外壁・ベランダの外回りすべての点検を実施!!



安城市にて外回りすべてのメンテナンスを行う為に

一番最初に行う必要のある点検に行ってきました!!


外回りに含まれるのは

「屋根」・「外壁」・「ベランダ」

他にもありますが、メインはこの3つです。

どの部分にも家自体に大きな影響を及ぼす可能性があり
定期的なメンテナンスを怠ってしまうと
雨漏り程度では済まなくなる可能性もあります。

工事をするしないよりも、プロの目で実際に点検してもらいましょう!

まず最初の点検項目は・・・
点検
点検

最初は「屋根」からです。

屋根の点検には2連ハシゴという長いハシゴを使って
実際に屋根まで登ります。

登って見た結果・・・

かなりの褪色が進行していました。

褪色はどうしても進行するものなので、
塗料を選ぶ際には、何年間の耐用年数があるのかを
把握し、そのタイミングで一度見て貰いましょう!
点検
点検

次は「外壁」です。

外壁の経年劣化の症状としては
「チョーキング」という現象が発生します。

このチョーキングは外壁を触って
白い粉のようなものが付く事です。

この白い粉は外壁を塗った際の
塗料です。

この塗料が剥がれていき、
サイディングという外壁材に水が当たると
壁自体の劣化が始まってしまうというものです。

壁の劣化が進行していくと
壁からの雨漏りにもつながるので注意が必要です。

点検
点検

次は「ベランダ」です。

ベランダには基本的に防水工事が行われます。

FRP防水やウレタン防水といった
様々な種類の防水がありますが、
両方とも劣化が進行すると雨漏りに繋がります。


点検
点検

細かい部分の点検では「雨樋」です。

この雨樋は工事を行う際、
見落としやすい部分の一つです。

雨樋は雨漏りに直接的に影響を及ぼす事はないのですが
住んでいく中で、雨樋からオーバーフローする事があります。

このオーバーフローは屋根に落ちた雨が
雨樋を超えてしまって下に落ちてきてしまう現象です。

住んでいると結構いやに思う方も多いと思います。

雨樋は交換のほかにも、塗装を行って
雨樋の変形を押さえる事も出来ます。

なので、長い時間を安心して過ごす為には
雨樋の塗装も考えてみるといいかもしれません!!

今回は家全体の点検を行いました。
他にも確認しなくちゃいけない部分や、現状の把握が必要な部分がたくさんあります。

基本的には1時間前後で終わる事なので
積極的に点検をしてもらいましょう!!

その際は街の屋根やさん西三河店までご連絡ください
点検・見積りは無料です

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

瓦

豊田市にて和瓦の点検を行ってきました!!和瓦は、今でも根強い人気を誇り日本の天候に向いている屋根材になっています。その瓦は数十年前まで、少しサイズが違います。今回はその数十年前に建てた瓦屋根の点検を行ってきました!数十年間なにもメンテナンス...........

棟板金交換

豊明市にて棟板金が飛散した為、交換工事を実施しました。棟板金は屋根の一番上にある部材であり、どうしても風を受けやすい部材の一つです。強風や台風によって飛散した棟板金がお隣さんや歩行者に当たって問題になる事も多々あります・・・そうなってしまう...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660