ビルの屋上防水|安城市


ビル屋上雨漏れ
今回は賃貸のある建物の雨漏れ調査と防水状況の点検にやってきました。まずは室内を拝見するとご覧の状況でした。雨のたびに染み出てくるとの事でした。
ビル屋上雨漏れ
押入れ内部も欄間に雨染みです。幸い借主はまだ決まっておらずでしたが、やはり直しておかないと賃貸する事ができません。
ビル屋上雨漏れ
下階の状況を見た後屋上の点検です。だいぶ広大な面積に防水施工がされています。現状はアスファルト防水でした。やはり大きな面積なので当時から強い防水工事を行っていました。
ビル屋上雨漏れ
しかし経年劣化で所々に防水層の破断が確認できました。広い床面は目立った破断は無かったものの補修を広く行った跡がありました。破断箇所は立上がり部分に複数確認できましたがこの位置だと流れる雨をポケットで受ける形になってしまいます。
ビル屋上雨漏れ
その他、凹凸部分も多く、都度部分補修を行ってきたように見受けられます。亀裂やひび割れから侵入した雨水はとても乾燥しにくく内部で広がっていきます。
ビル屋上雨漏れ
過去に床面を補修されたようです。補修はウレタン防水工事が行われています。伸び縮みにも強く、ひとまずヒビや破断を抑えるには効果的でしょう。しかし部分補修です。現在の点検で不具合個所全てに部分補修という事はあまり得策ではありません。
ビル屋上雨漏れ
ちなみに床面の改修工事を行うとなるとこのような電気配線の管など取り付けられているものも一時処理しなければなりません。床面にそのままにウレタンなどを塗ってある現場をたまに見かけますが、床面と一緒に固定してしまうと雨水がそこだけ溜まってしまいます。
ビル屋上雨漏れ
縁部分の補修も所々されていました。こちらはトップコートが塗られています。その時々で入った職人さんが違うのか補修の方法が場所により異なっています。
雨漏りの直上部分の補修では恐らく間に合いません。先に他社さんで部分施工をされているのもあり、当社としては新しい改修プランのご提示になります。ちなみに築年数は約40年という事なのでまずは雨漏りが止まれば・・・という思いです。しかし破断箇所などから入り込んでいる水はどこまで広がっているのかが不明です。今は大丈夫でも近く他の部屋から雨漏れを起こす可能性もあります。屋根・屋上の塗装や防水工事について気になる方はお気軽に当社へお問い合わせ下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

エバーコートZHEK-200/塩ビシート防水改修仕様/知立市

ウレタン防水
ウレタン防水
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エバーコートzero-1H
築年数
築18年
建坪
28坪
保証
10年間
工事費用
76万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

名古屋市中区で陸屋根建物の屋上をウレタン防水施工しました

ウレタン防水施工前
ウレタン防水施工後
工事内容
防水工事
使用素材
ダイフレックス エコ・ウレックス
築年数
約30年
建坪
23坪
保証
10年
工事費用
70万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

陸屋根防水不具合

今回は防水点検です。陸屋根の防水は多くの場合はシート防水やウレタン防水が多いのですが、こちらは「長尺シート」貼りでした。このシートはアパートやマンションの廊下部分やベランダに多く使用されているものです。建物の屋上に使われるケースは少ないので...........

モルタルベランダ

外壁塗装や防水工事を行ったことがある方は勝手がわかるかもしれません。今回はベランダのタイプで工事内容が異なるという話をしていきたいと思います。モルタルのベランダです。灰色と緑の部分が混ざっています。

トップコート劣化

今回点検にお邪魔したのは3階建ての建物です。ベランダの床面の防水状態をみて心配になり連絡を頂きました。ご自身でいろいろ調べてチェックをしてみると劣化のようなものが見受けられたとの事です。