雨漏れの原因はベランダFRP防水/安城市


室内クロスカビ
安城市で雨漏り点検の依頼がありましたので、お伺いしてきました。
1F洋室壁の雨漏り状況の写真です。
通常の雨でも雨漏りしているとのことで、クロスはカビが発生し、下地のボードも雨水を吸い込み、
ボロボロの状況でした。
続いて、外部の状況を調査していきましょう。
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-columns1-overlay
外壁の状況写真です。
2F部分がベランダになっており、軒天(天井部分)のボードが剥がれ落ちていました。
雨漏りの影響によるものです。
どうやら、雨漏りの原因はベランダにあるようです。
では、ベランダに登って調査していきましょう。
DSCF1497_R-columns2-overlay
ベランダの床はFRP防水が施工してありました。床部分の腐食、防水層の浮き、めくれ等はありません。全体的に変退色が進んでいましたが、雨水が染み込む程の劣化状況ではありませんでした。
DSCF1492_R-columns2-overlay
ちょうど1Fの洋室(雨漏り箇所)の上の部分です。
そこにはドレン(屋上やバルコニーにある雨水を流すための排水溝)がありました。よくゴミが詰まって水が流れていない状況の家もありますが、今回はゴミの詰まり等はありませんでした。
しかし、よく見てみると、ドレンとFRP防水に隙間が開いています。
どうやら、原因はこの隙間から入った雨水が1Fの部屋に伝っているようです。
今回は、ドレン廻りの補修とFRP防水の再施工のご提案をさせて頂きました。
ベランダの下がお部屋になっている住宅は、防水性能が劣化すると、直接室内の雨漏れ要因になります。
雨漏れしてからでは、室内の壁、天井の張替やクロスの補修など、余分な修理費用がかかってしまいます。

防水は10年の保証が一般的です。
前回施工から10年以上経過している住宅は、防水の点検をお勧め致します。
お問い合わせは「街の屋根やさん西三河店」まで!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

安城市で棟の取直し工事を行いました|雨漏れの不安からの解消

棟の取直し
棟の取直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
陶器瓦
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

谷板金雨漏れ

雨漏れ発生という事で点検にやってきました。日本瓦の屋根です。棟違いの長い大きな屋根です。こちらは寄棟の屋根です。瓦屋根の雨漏れは屋根形状で起こり易い場合があります。瓦の状態、葺き方、付帯部の損傷など原因も様々ですがひとつづつ細かく見ていきま...........

平板瓦谷板金雨漏り

今回も瓦屋根です。今年は特に雨漏り案件が多いと感じます。日本瓦に比べてこの平板瓦は雨漏りがしにくい形状と葺き方をしていると思いがちですが・・・。

ドーマ雨漏れ

これがドーマです。屋根の上に室内でいう屋根裏部屋等がある部分です。今回のご相談は室内雨漏れの原因究明ですが、雨漏れ部分の真上にこのドーマがあります。