オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

カラーベストの塗装後の経年劣化|阿久比町


スレート劣化
毎年梅雨前の時期は屋根点検の依頼数が増加します。もちろん工事も大変込み合っています。過去のリフォームから10年以上立つとどうしても劣化はわかってくるものです。訪問販売の声掛け等も多くなってくるのではないでしょうか?

スレート劣化
まずは状態を知る事です。一見の訪問販売の方ではやはり不安という方も多く、当社へ相談が多く寄せられます。可能な限り屋根にも登り、不具合個所の点検を当社では行っております。
スレート劣化
10年以上たつと当時使った材料にもよりますが塗膜が無くなってきます。紫外線で塗膜が壊されてしまう為で、かつ、外壁と比べて紫外線量が2倍なんです。材料自体も劣化が進んでしまうのでしっかりと再メンテナンスを計画しなければなりません。
スレート劣化
今の屋根色をみて、過去には黒っぽいダーク色で塗装されたようです。旧塗膜や汚れが付着し屋根が汚く見えるようになってしまいます。割れや浮きは無かったものの、全体的に褪色が著しく進んでいました。
外壁塗膜劣化
さらに外壁も点検です。サッシ回りのシーリングも塗膜が割れ、シーリングにも影響が出始めています。
外壁塗膜劣化
日当たりにより、苔や藻が付着します。外壁に対する影響は美観を損なうことくらいですが、経年の苔はこすり落とすのも困難です。
外壁塗膜劣化
外壁塗膜も屋根同様に褪色しているのでチョーキングを起こしています。粉状になった塗膜に汚れも混ざり、雨が降ると外壁を汚していってしまう、を繰り返していきます。
外壁塗膜劣化
出窓、通常のサッシ、勝手口など開口部回りももれなくチェックします。こちらは開け閉めの影響か、重みか、外壁の塗膜が厚めに剥がれています。窓が落ちる事はありませんが、雨水をすくってしまうので塗装前の補修が必要です。
年数から言っても塗装は可能な時期ですね。内容と金額が折り合えば工事実施となりますが、金額の面で複数の見積りをとる時は内容に注目です。部位別の数量がしっかり出ているか、坪単価や一式料金の項目が多くないか、使用材料まで細かく記載があるか等のチェックが必要です。施工に対する保証年数も忘れてはいけません。訪問販売の方などは基本的にその場で契約をとっていきます。口頭での専門用語入りの説明と、サービス、キャンペーンの案内でお得感は感じるかもしれませんが、やはり営業トークであることも多いものです。外回り工事はお金がかかるものです。安いには訳がある、という事でリフォームご検討の方で心配だな・・・と感じていらっしゃる方はお気軽に当社へお問い合わせください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__62488578

今回は豊田市で瓦屋根の点検を行ってきました。お客様から雨漏りがしているので一度見て欲しいというご依頼を受けお伺いした所屋根に上がって見ると瓦が浮いている状態でした。強風によって浮いてしまった可能性が高く瓦が浮き、ズレている状態でいた為雨漏り...........

IMG_0501

今回はみよし市でモニエル瓦が使用されている屋根の点検に行ってきました。モニエル瓦は、陶器の瓦と違い塗装でのメンテナンスが必要になります。今は生産がされていない為割れてしまったりすると、同じものでの差替えが出来ない屋根材です。どの様な劣化状態...........

棟の積み直し

瓦の逆葺せが行われている屋根の葺せ直し工事と棟の積み直し工事が開始しました!!瓦とは・・・しっかりとした施工基準があります。この基準に沿っていないと、屋根からの雨漏り被害に繋がってしまいます。今回の工事は最初に、棟の積み直し工事からです!!

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん西三河店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-947-660