ベストな漆喰工事|半田市

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/20更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

漆喰工事
前回点検の様子をお知らせした漆喰工事の様子を見て頂こうと思います。正しい漆喰工事という事でブログをご覧になったかと思いますが、何が間違っていて何が正しいのか?
こちらを読んでいただいて参考にして頂ければと思います。
漆喰工事
古い残った漆喰を剥がしていきます。当社は古漆喰の上に重ねて塗ることはしません。すべての棟下漆喰は撤去します。漆喰と一緒にくっついてくる土も新たに元通りにします。
鬼巻きコーキング
鬼瓦の漆喰も今回は銀黒色のコーキングでスマート&長持ち仕様に。
漆喰工事
棟を積んでいる瓦もずれている部分などは元通り。実はこれはのし瓦といって特に接着してあるわけでもなく積んであるだけです。漆喰や土が無くなるとこのように棟の歪みなど影響を及ぼします。
漆喰施工
土も規定量、漆喰は新規施工です。白く光る漆喰がとてもきれいです。表面は滑らかに平滑です。雨の当たりにくい位置に適切に塗り込んであります。
漆喰施工
両側全ての漆喰が塗り終わると真っ白な棟のラインがとてもきれいです。漆喰のサイクルはおよそ10年が目安と言われています。
今回は切妻屋根でしたが、建物は平屋であったり2階建て、3階建て、寄棟屋根・・・など形状や高さが様々です。諸条件で足場が必要になったり漆喰工事や鬼瓦の数量も異なります。一日で可能な作業量もそれに比例しています。かかる日数、施工範囲、瓦の状態。屋根の上は住んでいる方でもわからない事だらけです。漆喰工事が気になる瓦屋根の建物にお住まいの方はお気軽に当社へお問い合わせ下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰工事

半田市の漆喰点検について工事の方法などお伝えしていきます。棟下の漆喰が写真でもわかるようにほとんどなくなって土が見えています。

漆喰・鉄筋棒劣化

瓦屋根のメンテナンス周期は皆さんどれくらいでしょうか?一般的には10年くらいで一度「点検」を行ったほうが良いと思います。または台風や大雨の後などですね。30年からの瓦屋根の方は参考にしてください。

漆喰劣化

切妻屋根の瓦屋根です。漆喰が転がって落ちてきたという話から点検となりました。切妻でも屋根が複数くっついた造りです。一部大きな寄棟も下屋根にあります。