カラーベストの棟板金被害|半田市


棟板金飛散
当ブログでも多く取り上げているこの棟板金の台風被害ですが、年が明けてもいまだご相談を頂きます。
年内施工ができない方も多く、手が入れられなかったと思われますが台風からかなり時間も経っているので状態が心配です。
棟板金飛散
外れてしまった板金もだいたい庭に落ちるなどで保管して頂いているケースが多いのですが再利用は変形などもありできません。新規に作成して取付となります。
棟板金飛散
棟板金は下地木材に釘で止まっています。板金のめくれとともに貫板も剥がれて飛んでしまっています。
棟板金飛散
棟板金自体の劣化に伴い下地も傷んできます。変色の部分は釘穴から伝う水で腐食しそうな状態です。下地が弱くてはいくら板金を固定してあっても強風には耐えられません。
棟板金飛散
下地の状態は当然外からは見えません。板金のがたつきや釘の状態も屋根の上なので普通に見るのは難しいと思います。こちらの方は懸命に板金が飛ばないように番線で固定していました。
棟板金飛散
板金役物の又部はコーキングが劣化しきれている状態でした。
板金の復旧作業はほとんどの場合短期工事です。今回のケースだと僅か1日で完了します。しかし被害前と同様の施工ではまたいつ同じ状態になるか不安もあるかと思います。当社では提案として下地ごとの交換をお勧めしています。しかも剥がれた部分だけではなく棟板金すべての施工です。予算は被害箇所のみの工事に比べて少々高くなりますが、後の事を考えるとメリットは大きいものです。腐らないビス固定の人工木を使い、棟板金もこの下地にビス止めします。
釘打ちよりはるかにしっかり固定できます。カラーベストの屋根で次回の台風に備えを、とお考えの方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

豊田市でハイロールを使って棟の積み直し工事を行いました

20181020-6_181020_0022
257be8e15052a0772b0405892b70ae56
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
火災保険
使用素材
ハイロール
築年数
築20年
建坪
40坪
保証
工事費用
80万円
施工事例

長い間・・・雨漏れが止まらなかったようです|刈谷市

工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
使用素材
防水シート、カラーGL鋼板等
築年数
18年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

f0861b135e2480938d528f99e8677c33

今回は刈谷市で飛散してしまったスレート屋根の補修を行ってきました。スレート屋根は瓦に比べるとカラーバリエーションが豊富で費用も安く、施工も早く行うことができます。ですが強度が劣る為、台風等の強い風の時に割れやすく飛散してしまう可能性がありま...........

IMG_0584

豊田市で強風により浮いてしまった笠木の板金を下地を人工木、笠木をガルバリウム鋼板に交換する工事を行いました。年数が経ってくると板金を留めている釘が建物の揺れ等によって浮いてきてしまう事があります。一度浮いた釘、開いてしまった釘穴は放置してお...........

20181020-4_181020_0003

碧南市のお客様より「漆喰が剥がれてきている」「今、外壁の工事中なんだけど、外壁の工事屋さんが、うちの屋根を見ておかしいと言われた」「このまま放っておくと雨漏りが心配だから見てほしい」という屋根の調査依頼がありましたので、屋根の現地確認にお伺...........